サムスン電子、米国でテレビ部品不良による集団訴訟

サムスン電子、米国でテレビ部品不良による集団訴訟

2012年02月16日13時30分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サムスン電子が米国で販売したテレビの一部モデルから部品不良が見つかり、消費者が集団訴訟を進めている。

  16日、関連業界や外信などによると、サムスン電子が2006年から2008年まで米国で販売したLCDテレビやPDPテレビ、DLPテレビなどの一部モデル部品に異常が生じ、正常に電源が入らない問題が発生した。

  訴訟が進められている地域は、ニュージャージーやカリフォルニア、オクラホマなど3カ所で、昨年10月に訴訟が始まったオクラホマでは、今月中に最終判決が下される予定だ。

  サムスン電子側は、「集団訴訟を起こした弁護士側と円満に合意した状態」とし「該当消費者には無償修理などの措置を取る計画だ」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事