李大統領「自転車時代、遅れないよう急ぐべき」

李大統領「自転車時代、遅れないよう急ぐべき」

2009年04月21日07時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  李明博(イ・ミョンバク)大統領は20日「自転車はグリーン成功のパートナー」とし「自転車が走るのが遅すぎれば転んでしまうように、“自転車時代”へと進むのが遅すぎないよう急ぐべきだ」と強調した。

  李大統領は同午前に放送されたラジオ演説で「炭素を排出しない自転車を主要交通手段として復活させることが、われわれが進むべき道」とし、このように述べた。李大統領は自転車利用の活性化について「街で安全かつ便利に自転車に乗れるようにするためには、道路を再整備しなければいけない」とし、▽中心部では自転車道路と歩道を区分する▽地下鉄の最後の1車両を自転車持ち込み専用車両にする--など制度を補完すべきだと強調した。

  また、李大統領は国内の自転車生産が途絶えた状態であることについて「残念だ」とし「高付加価値のハイブリッド自転車を生産し、国内でも使い、輸出もできればどれほど良いか」と話した。

  今月25日から来月3日まで、全国では、行政安全部・文化体育観光部・国民体育振興公団が共催する「第1回大韓民国自転車祝典」が開催される。ソウルでは25日、ソウル市と中央日報が共催する「ハイソウル自転車大行進(オリンピック公園-ソウル広場区間 15キロのコース)」も行われる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事