「入国不許可」を楽しむ日本の議員

「入国不許可」を楽しむ日本の議員

2011年07月31日10時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  しばらく切っていたツイッターにアクセスし、ある日本の政治家の8042人目のフォロアーとして登録した。来る、来ないという話が入り乱れていた彼の行動が気になってきたためだ。ツイッターに残されたツイートだけで判断するなら、彼は1日午前に韓国行き飛行機に乗り玄界灘上空を飛んでくるのは明らかに見える。最終行先地とした鬱陵島(ウルルンド)どころか空港の入国審査を抜けることもできずに戻ることは確実だが彼はどこ吹く風だ。例えば30日午前に書き込まれたツイートで彼はこのように書いた。「皆様より私達の韓国視察について多くの激励をいただき、本当に嬉しく心強く感じています。韓国は入国禁止措置を予告してきましたが、計画を変更するつもりはなく、日韓関係に否定的な影響を与えるつもりもありません。信念持って行動します」。

  日本の野党自民党の領土特命委員会所属の新藤義孝議員は、韓国人が独島(トクト、日本名・竹島)問題をどう考えているのかを“調査”するために鬱陵島(ウルルンド)を訪問すると明らかにした議員団4人の代表だ。だが、彼のツイッターを見ると訪問目的が単純な“調査”にはとどまらないことがわかる。彼は記者会見を通じ訪問計画を初めて明らかにした7月15日以後、ほぼ毎日韓国メディアの報道を詳しく伝えながら「日本では想像出来ないほど加熱しています」と書いた。韓国世論が沸き上がり、韓国政府の対応の水準が高まるほど彼は快哉を呼んでいることだ。

  「不思議なことに日本ではほとんど報道されません」として独島問題に無関心な大多数の日本国民に関心を促すことも忘れなかった。「カメラだけではなくビデオ(メディア)同行ではないのですか?」という提案に対しては「もちろんビデオも持っていきます」と答えた。この程度ならば彼の下心を推測できるのではないか。

  問題は彼が韓国に足を踏み入れることもしない状態で目的の相当部分を達成したという点だ。ここには韓国政府と政界の過剰対応も一役買ったことになる。政府を代表することもせず政治的影響力も微弱な何人かの議員の訪問計画に全国が沸きかえり、ついには大統領まで乗り出したのは「比例原則」に大きく外れるものだ。新藤議員クラスなら日本の政界では少壮派に当たる。

  私は最後の瞬間にでも彼が心を変えるよう願う。北朝鮮の核問題をはじめ、韓日両国が国際社会で共同対処すべき課題が山積しているところにこうしたことで感情を害し関係を悪化させる余裕はないためだ。

  彼は韓日関係を悪化させる意図はないというが、現実は正反対になるのは明らかだ。今年の秋に推進中の李明博(イ・ミョンバク)大統領の国賓訪問でも、日本政府が積極的な姿勢を見せている韓日自由貿易協定(FTA)交渉の再開にも悪影響が予想される。彼がこうした結果を望むのではないならば鬱陵島訪問計画を撤回するのが当然だ。

  彼はツイッターに上げた写真に「がんばろう日本!」というスローガンを入れた。そのスローガンの意味が、前代未聞の災害の東日本大震災の傷を賢く克服するのにがんばろうという意味ならば良いだろう。それなら韓国国民も微力ながら喜んで手伝おうとするだろう。とんでもないことに力を注がないならばの話だ。

  イェ・ヨンジュン外交安保部門次長
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事