韓国、早ければ2014年にF-35導入へ

韓国、早ければ2014年にF-35導入へ

2006年11月01日14時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国防部が、敵のレーダーによる早期発見を困難にさせるステルス機能を備えた最先端の戦闘機「F-35」を韓国空軍の次々世代戦闘機として導入する計画だ。F-35は早ければ2014年ごろ、韓国に実戦配備される見込みだ。

  金銀基(キム・ウンギ)空軍参謀次長は31日、国会・国防委員会の国政監査で「(次々世代戦闘機の)F-15Kに比べて、ステルスの機能を備えていながらも価格が40%ほど安いF-35を導入する計画があるか」という与党「開かれたウリ党」(ウリ党)の趙成台(チョ・ソンテ)議員の質問に「検討中だ」と明らかにした。

  金次長は「F-35が2010年ごろ戦力化するが、(制作会社が受けている)注文量が多すぎて、韓国が購入するのは2010年後半になる」とし「そのため直ちに導入するのはむずかしい」と付け加えた。米ロッキード・マーティン社が開発したF-35は単発エンジンの戦闘機としては歴代最強と評価されている。強力なステルスの機能と共に、F-16に比べて航続距離は2.5倍、兵器搭載の量は1.4倍ほど優秀だ。

  米軍が運用中のF-16とF/A-18もこの機種に入れ替えられる。米国・英国・イタリアなど8カ国が参加する多国籍の量産体制で制作されており、1機当たりの価格がF-15K(約1000億ウォン=約120億円)よりはるかに低廉な4500万~6000万ドルのレベルだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事