俳優ソン・スンホン、初の悪役に挑戦 「リアルな暴力シーンのために悩んだ」

俳優ソン・スンホン、初の悪役に挑戦 「リアルな暴力シーンのために悩んだ」

2017年09月12日14時43分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優のソン・スンホン
  俳優のソン・スンホンが初めて悪役に挑戦し、その悩みなどを明らかにした。

  ソン・スンホンは12日午前、ソウル狎鴎亭(アックジョン)CGVで行われた映画『隊長キム・チャンス』(原題)の制作報告会で、「どうすればうまく殴ることができるの悩んだ。監督への初めての質問で、リアルに殴るにはどうすればいいか聞いたところ『実際にやらないと』という答えが返ってきた。そのような撮影を控えてとても緊張した」と語った。

  これを受けて主人公キム・チャンスを演じた俳優チョ・ジヌンは「殴り方がうまい。力もなかなか」とし「こんなかっこいい悪役がどこにいるというのか。衣装チームに私が嫌いかと聞いた。あの時代にはあのような服があったそうだ。ファッションの完成は顔だ」と話し、笑いを誘った。

  また、ソン・スンホンは「監獄所の所長役を演じた。善悪で言うなら悪の方に立っている。同じ朝鮮人だが、同じ朝鮮人を利用して利益を得る人物だ。悪い奴だ」と自身のキャラクターを説明した。

  『隊長キム・チャンス』は、1896年明成(ミョンソン)皇后の殺人犯を殺して死刑宣告を受けた青年キム・チャンスが、仁川(インチョン)監獄所に入所している朝鮮人の間で隊長として新たに生まれ変わるまでの物語を描いた感動の実話だ。チョ・ジヌン、ソン・スンホン、チョン・マンシク、チョン・ジニョンらが出演し、イ・ウォンテ監督がメガホンを取った。10月19日韓国公開。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事