サムスン、アップル特許紛争で一息…米ITC「侵害可否を再審議」(1)

サムスン、アップル特許紛争で一息…米ITC「侵害可否を再審議」(1)

2013年01月25日10時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国国際貿易委員会(ITC)は23日(現地時間)サムスンとアップルの特許紛争に関する予備判決を再審議することに決めた。ITCはこの日「サムスンがアップルの特許4件を侵害したという昨年10月のトーマス・フェンダー判事の予備判決を全面再検討することにした」と明らかにした。特にはITCはフェンダー判事にサムスンが特許を侵害したと判定した「イメージ重複技術」と「イヤホン挿入認識」の2つに対しては「追加で発見した事項があるか報告するよう」と指示した。両者の追加資料を土台にサムスンが特許を侵害したのが正しいのかもう一度検討しなさいという意味だ。

  アップルは昨年7月、ITCにスマートフォンなどサムスン製品が自分たちの特許6件を侵害したと提訴した。これに対しフェンダー判事は「サムスンがタッチスクリーンなど機能特許3件とデザイン特許1件など4件のアップル特許権を侵害した」と予備判決した。一方、iPhone(アイフォン)の外観を含む2つの特許権は侵害していないと判決した。これに対しサムスンとアップルは全て再審議を要請した。サムスンは4件が特許侵害判定を受けたことに対し、アップルは2件の特許非侵害判定に対して不満を表したのだ。

  23日(現地時間)ある女性が米国サンフランシスコにあるアップルショップのそばを通り過ぎている。先週のインテルに続き23日、アップルの第1四半期(2012年10~12月)実績が期待に満たないと情報技術関連企業らの収益性が悪化するのではないかという見通しが出てきている。[サンフランシスコ・ロイター=ニューシス]

  業界ではITC再審の決定が両者の要請を全て受け入れたわけだが、サムスンがより有利な立場に立ったと分析している。再審の要請を棄却したとすれば予備判決のとおり最終判決が固まるためだ。この場合、サムスン製品は輸入と販売禁止のような制裁を受けることになる。アップルの特許を侵害したことで予備判定を受けたギャラクシーSとギャラクシーS2、ギャラクシーネクサスなどスマートフォンとタブレットPCギャラクシータブなどが販売できなくなる。

  最終判定は来月27日に予定されているが、両者の追加資料提出と再審査日程により遅れる可能性もある。サムスン関係者は「ITCの予備判定結果が覆ることは多くはないが、最近アップル特許3件に対して米国特許庁が相次いで暫定的無効判定を下したことがある」として「特許を侵害しなかったというサムスンの主張が受け入れられると期待する」と話した。

サムスン、アップル特許紛争で一息…米ITC「侵害可否を再審議」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事