サムスンvsアップル特許戦争は一進一退

サムスンvsアップル特許戦争は一進一退

2011年12月10日10時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サムスンとアップルの特許戦争が長期戦に入り込んでいる。

  豪州連邦最高裁は9日(現地時間)、アップルがサムスン電子の「ギャラクシータブ10.1」に対して申請した販売差し止め請求を棄却することを最終決定した。先月30日に豪裁判所が「ギャラクシータブ10.1」販売を認めると、アップルはこれを不服として連邦最高裁に上告した。しかし豪裁判所は最終審でもサムスンの手を上げた。

  これに先立ちフランスではアップルに軍配が上がった。パリ裁判所は8日、アップルのスマートフォン新製品「iPhone4S」に対するサムスンの販売差し止め請求を棄却した。これを受け、世界を舞台にした訴訟戦で、サムスンとアップルはお互いに致命打を与えるのに失敗した。

  オランダではアップルが「ギャラクシーS」に対する販売差し止めを引き出すのに成功した。しかしサムスンは該当部分を修正して裁判所の判決を避けた。ドイツでも「ギャラクシータブ10.1」に販売差し止め措置が下されたが、同じくデザインを修正した製品(ギャラクシータブ10.1N)でこれに対応した。一方、米国と豪州ではアップルが提起した請求が相次いで棄却された。アップルは豪州に続き米連邦最高裁にも控訴している。

  9日にもサムスンとアップルはソウル中央地裁で法的攻防を続けた。サムスン側はこの席で「これまでアップルコリアの特許侵害で約1000億ウォン(約70億円)の損害が生じた」と主張した。昨年のアップルコリアの売上高1兆8000億ウォンを基準に推算した金額だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事