韓国「最悪の空気質」ランキングでOECD2位…PM2.5濃度、日本の2倍

韓国「最悪の空気質」ランキングでOECD2位…PM2.5濃度、日本の2倍

2019年04月15日09時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2018年、韓国が経済協力開発機構(OECD)加盟国のうちPM2.5(微小粒子状物質)の濃度が最も高い国2位に入った。ソウルは世界の首都62カ所のうち、空気質が27番目に悪い都市に選ばれ、京畿道安城市(キョンギド・アンソンシ)は韓国で空気質が最も良くない都市に入った。

  世界各地の大気汚染を調査する機関「エアビジュアル(Air Visual)」が昨年73カ国3000都市を対象に年平均PM2.5濃度を分析した「2018世界空気質報告書」によると、バングラデシュ(97.1マイクログラム/立方メートル)が年平均PM2.5濃度が最も高い国で1位となり、中国(41.2マイクログラム/立方メートル)が12位となった。韓国(24.0マイクログラム/立方メートル)は27番目にPM2.5濃度が高い国であることが分かった。

  だが、この結果に基づいてOECD加盟国を対象にしたランキングに変換した結果、韓国はチリ(24.9マイクログラム/立方メートル)に次いで2番目に空気質が良くなかった。韓国が空気質の目標にしているフランス(13.2マイクログラム/立方メートル)、日本(12.0マイクログラム/立方メートル)、英国(10.8マイクログラム/立方メートル)、米国(9.0マイクログラム/立方メートル)などの主要先進国と比較すると2倍程高い結果だ。

  特に、OECD各国の汚染度が高い100都市を分析したところ韓国の都市が44カ所も含まれた。韓国でPM2.5濃度が最も高い都市は京畿道安城市だった。続いて江原道原州(カンウォンド・ウォンジュ)、全羅北道全州(チョルラブクド・チョンジュ)、京畿道平沢(ピョンテク)、京畿道利川(イチョン)などとなっている。100位圏に入った韓国の都市のほとんどは西側地域が多かった。この地域は国外汚染物質の原因に挙げられる西風の影響と、国内粒子状物質発生原因に挙げられる工場や火力発電所の密集地域であることが分かった。

  国際環境保護団体「グリーンピース」のイ・インソン気候エネルギーキャンペイナーは「高濃度粒子状物質現象が発生した時、非常低減措置が応急対策になりうるだろうが、根本的な解決のためには軽油車縮小など中長期的な低減努力が必要だ」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事