【社説】1万ウォンのガス警報機もなかった韓国高校生惨事の現場

【社説】1万ウォンのガス警報機もなかった韓国高校生惨事の現場

2018年12月20日14時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  子どもを持つ他の親でさえ涙が出てくるのに、昨日まで元気だった息子をあの世に送ることになった親の心情はさぞかし辛いことだろう。火災で、船の事故で、産業災害で、一日にして家族を失う惨事が絶えない。政府はやれ点検だ、やれ全数調査だなどと騒ぎ立てているが、後の祭りであるうえに「事後の無駄な努力」までいい加減で全く頼りにならない。

  1カ月前に大学修学能力試験を終えた高校3年生10人が江原道江陵(カンウォンド・カンヌン)に「友情旅行」を行き、意識を失った状態で発見された。このうち3人は亡くなり、2人は自分で呼吸ができない状態だ。ペンションのボイラーから出た一酸化炭素が煙筒を伝って外に排出されずに室内にこもってしまったのが事故原因である可能性が高い。ボイラーと煙筒が正常に連結されていなかった。

  このペンションは農漁村宿泊業者として届出され、営業されていた。一般宿泊業者に比べて規制が少なく、ボイラー配管の点検を受けなくても良かった。一酸化炭素などの有害ガスを感知して警報を鳴らす装置を付けることも必須要件ではなかった。政府は野営施設でガス事故が相次ぐとキャンプ場だけにガス警報機の設置を義務化した。ガス警報機は安いものでは1万ウォン(約993円)もしない。政府が先月から農漁村民宿の一斉安全点検を行ったが、このペンションに対する監督責任がある江陵保健所職員は表面だけを確認して行ったという。

  事故後の「ツギハギ処理」に汲々としている政府に国民の安全を任せることは難しい。その上、いくら規制を細かくしても弱点があるものだ。事業者の心構えが変わらない限り「事故共和国」から脱出できない。自分の子どもがその工場で働き、自分の家族がそのような宿舎で寝ていると考えれば、このように粗末に管理することはなかっただろう。営利だけを追求し、安全を軽視する事業者に懲罰的損害賠償責任を負わせる国が多い。我々も導入を考えてみるべきだ。金儲けのために安全が犠牲になって起こる後進国型惨事、本当にもううんざりではないか。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事