1泊2日の南北首脳会談に合意? 事前調整か

1泊2日の南北首脳会談に合意? 事前調整か

2018年03月08日10時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は7日、「北の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長に訪朝特使団が会った席で、特使団が戻って発表した6つの項目のほとんどすべての内容が出た」と明らかにした。

  青瓦台の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長を首席とする特使団は6日、▼南北首脳会談の開催▼体制の安定が保障される場合は非核化の意向▼対話期間の核・ミサイル試験中断--など6項目の訪朝結果を発表した。したがってこの発表内容は事実上、金正恩委員長本人の決定が込められたことを意味する。特使団は訪朝当日の5日に金正恩委員長に会っただけに、金正恩委員長は長い時間を取らずに意中を伝えたという点も表している。

  この関係者は「金委員長に最初に接した特使団は金委員長について『率直で大胆だった』と話した」とも伝えた。朝鮮中央テレビが公開した特使団の面会映像には金正恩委員長が満面の笑みを見せる場面もあった。

  青瓦台は5日の金正恩委員長との面談で多くの南北合意があったことを知らせたが、それ以前にすでに南北の調整が具体的に進行していたという指摘もある。事前調整なしに速戦即決の合意が出てくることは考えにくいからだ。金正恩委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)氏が特使として訪韓したのに続き、金英哲(キム・ヨンチョル)統一戦線部長が訪韓して青瓦台の鄭義溶国家安保室長、徐薫(ソ・フン)国家情報院長らと会い、南北はすでに公開・非公開対話をした。専門家らは「すでにこの段階で首脳会談など多くの懸案について大筋合意したのだろう」と口をそろえている。

  特使団が発表した南北首脳会談や北朝鮮の非核化の意向などを北朝鮮メディアが具体的に発表しない点も疑問を呼んでいる。過去の首脳会談は南北が同時に発表した。しかし今回、北朝鮮は6日午前に「首脳会談に合意した」と伝えた後、同時午後に「(金正恩委員長が特使団と)重大かつ敏感な問題について虚心坦壊な談話をした」とだけ報じた。

  梁茂進(ヤン・ムジン)北朝鮮大学院大学教授は「特使団の発表文には金正恩委員長でなければ決心できない、北の内部的にも衝撃的な内容が含まれている」とし「いくら金正恩委員長の決心が法より上にある北でも、突然非核化を公開的に話すことで軍部や住民に及ぼす影響を懸念したのではないだろうか」と分析した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事