<平昌五輪>準備は終わった…「ウェルカム・トゥ・オリンピック」

<平昌五輪>準備は終わった…「ウェルカム・トゥ・オリンピック」

2018年01月10日09時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
江原道旌善アルパイン競技場で雪を作って平坦化する製雪作業をしている。
  もうすべての準備は終わった。平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)の開幕が1カ月前に迫っている中で、平昌五輪組織委員会は競技場の建設と交通施設の整備などすべての準備を終えて観光客を迎える最後の段階に入った。

  先月22日に開通した京江(キョンガン)線KTXは順調に運営中だ。ソウル駅から開・閉会式場および雪上競技場のある珍富(チンブ)駅までは80~90分程度がかかる。氷上競技が開かれる江陵(カンヌン)も2時間がかからない。自動車では平日3時間、週末4~5時間以上がかかることを考えると、アクセシビリティが非常に高まった。1日には日の出を見るために集まった人々で電車のきっぷが早目に売り切れとなったが、大きな問題なく運行された。

  道路整備も終わった。先月27日、五輪の接近道路である国道6号線、59号線が開通することで平昌と旌善(チョンソン)・江陵などすべての五輪競技場を30分以内に行き来することができる。嶺東(ヨンドン)高速道路の停滞も解消される見通しだ。すでに開通した光州(クァンジュ)~原州(ウォンジュ)、安養(アンヤン)~城南(ソンナム)間高速道路などを利用すれば、首都圏から平昌五輪開・閉会式場まで2時間以内に接近することができる。競技場および宿泊施設へ接近する地方道路の整備も終わった。国土部は五輪期間には大会車両の専用車路を運営し、大雪などに備えて3月まで装備と人材を固定配置する。

  歴代最多である102金メダルの主人公が選ばれる12競技場は6カ所が新設、6カ所が改修・補修された。工程率は先月、すでに100%を達成した。環境団体の反対で工事の進捗度が最も低かった旌善アルパイン競技場も問題なく完工した。付属施設の建設は終わり、現在のコース作りに向けた製雪作業をしている。15日までに製雪作業を終えた後、五輪のコースを作る。3900人を受け入れることができる平昌・江陵選手村も2年半で完工した。

  7500人のランナーが全国2018キロメートルを走る聖火リレーも終盤に入った。5日から京畿道(キョンギド)を回っている聖火は13日にソウル入りをする。大会開催地である江原道(カンウォンド)には21日に到着して開幕日である2月9日まで江原道18地域を巡回する。遅々として進まなかった入場券の販売も加速化している。企業と体育界がチケットの購買に積極的に出ることで目標値の107万枚中69万枚(65%・9日基準)が売れた。

  9日午前には58カ国62報道機関、111放送会社、35通信社から約3000人の取材記者が留まるメインプレスセンター(MPC)がオープンした。国内では68報道機関から約270人の取材陣が派遣される。歴代五輪ではMPCが主にアイスアリーナ近くに作られたが、平昌五輪は雪上競技場のある平昌に設けられた。既存のアルペンシアリゾートのコンベンションセンターとコンサートホールなどを活用してMPCを作った。平昌組織委は江陵にも「サブ(sub)メディアワークルーム」を用意した。国際放送センター(IBC)は昨年、完工した。五輪の主管放送会社(OBS)、米国主管放送会社であるNBCの職員が早目に入居している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 江原道旌善アルパイン競技場で雪を作って平坦化する製雪作業をしている。
  • 22日に開通した京江線KTXでソウル駅から江陵駅まで114分で行けるようになった。開通初日、市民が記念撮影をしている。