<野球>来年引退の李承ヨプ、23年間に500億ウォンの収入

<野球>来年引退の李承ヨプ、23年間に500億ウォンの収入

2017年07月17日16時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
李承ヨプ(イ・スンヨプ)
  韓国プロ野球サムスン・ライオンズの看板打者・李承ヨプ(イ・スンヨプ、40)はこの23年間、韓国と日本で活躍しながら年俸だけで500億ウォン(約50億円)近い収入があった。日本で8年間に約390億ウォン、韓国で15年間に90億ウォンを稼いだ。今季を最後に引退することを宣言した李承ヨプは歴代の打者で収入が最も多い選手となった。

  李承ヨプは15日、大邱(テグ)のサムスン・ライオンズパークで行われた2017KBOリーグオールスター戦に2人の息子(ウンヒョク君、ウンジュン君)とともに始球式に参加した。満40歳10カ月27日の年齢で指名打者部門「ベスト12」に堂々と選ばれた李承ヨプは歴代最高齢オールスターベスト記録も作った。

  競技場を訪れた2万108人の観客はこの日、李承ヨプが打席に入るたびに名前をコールし、大きな拍手を送った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事