家族の前で…北朝鮮、人民武力部長を高射銃で処刑

家族の前で…北朝鮮、人民武力部長を高射銃で処刑

2015年05月14日09時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  執権4年目の金正恩(キム・ジョンウン、31)体制の平壌(ピョンヤン)で血の粛清が再現された。2013年12月に叔母の夫・張成沢(チャン・ソンテク)国防委副委員長を「反国家容疑」で処刑してから1年4カ月ぶりだ。

  国家情報院は13日、「北軍部序列2位の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)人民武力部長(66)が4月30日ごろ秘密裏に粛清された」と明らかにした。ハン・ギボム国家情報院第1次長は午前の国会情報委で、「北が玄永哲を逮捕してから3日後に平壌(ピョンヤン)順安(スンアン)区域にある姜健総合軍官学校の射撃場で、家族が見守るなか高射銃で銃殺したという情報がある」と報告した。高射銃とは北朝鮮が戦闘機など航空機を撃墜するために保有する口径14.5ミリの対空火器。韓国戦争(朝鮮戦争)当時に旧ソ連から導入し、最大射程距離4キロの機関砲の一種だ。

  軍当局者は「高射銃は威力的な武器であり、高射砲とも呼ばれ、昨年、我々の民間団体が対北ビラ用の風船を飛ばした時、これを落とすために使用した」とし「高射銃で人を撃てば形体をとどめないほどになる」と話した。

  玄永哲は先月28日、牡丹峰(モランボン)楽団公演を観覧した後、公開的な席から姿を消した。ハン第1次長は粛清の理由について、「金正恩に対する不満の表出と数回の指示不履行、会議で居眠りする姿など不忠があったという理由のため」と説明したと、出席議員が伝えた。

  国家安保戦略研究院のキム・グァンジン研究委員は「金正日(キム・ジョンイル)総書記の場合、軍元老の呉振宇(オ・ジンウ)人民武力部長が会議であくびをしても何もせずに済ませた」とし「老幹部に『幼い指導者』として軽視されたくないという金正恩のコンプレックスが作用したようだ」と述べた。

  国家情報院は馬園春(マ・ウォンチュン)国防委設計局長(59)、辺仁善(ピョン・インソン)総参謀部作戦局長(69)、韓光相(ハン・グァンサン)党財政経理部長(58)らの幹部も今年に入って相次いで粛清されたことも公開した。彼らは玄永哲とともに金正恩が後継者に決まる時期に抜てきされた人物だ。今回は「自分の人物」を粛清したという点で、張成沢や李英浩(イ・ヨンホ)総参謀長(2012年7月粛清)ら父(金正日)が後見人として付けた実力者を除去したのとは異なる。

  これを受け、金正恩体制を安定的だと診断してきた政府も改めて分析する雰囲気だ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の当局者は「金正恩体制に不安要素がある」とし「このように多くの人を殺しながらどのように統治するか」と述べた。

  側近が相次いで粛清されたが、崔竜海(チェ・ヨンヘ)党書記と黄炳瑞(ファン・ビョンソ)軍総政治局長は健在だ。2人が労働党と軍部を分けて管轄する体制がしばらく続く見込みだ。妹の金与正(キム・ヨジョン)党副部長の役割も大きくなっている。

  問題はさらに粛清が続く場合だ。短期的には忠誠の雰囲気が漂うだろうが、エリートの反感や動揺を招くことも考えられる。安燦一(アン・チャンイル)世界北朝鮮研究センター所長は「張成沢処刑ドラマはまだ終わっていない現在進行形」と診断した。

  ◆高射銃=戦闘機やヘリコプターなど飛行体を狙って北朝鮮が開発した対空火器。旧ソ連から導入した口径14.5ミリの重機関銃を4つ束ねて命中率と破壊力を高めた。1分あたり1200発を撃つことができ、最大射程距離5キロで、1.4キロ上空の目標物を打撃できる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事