日本、韓国海軍の独島防御訓練に強力抗議 「到底受け入れられない」

日本、韓国海軍の独島防御訓練に強力抗議 「到底受け入れられない」

2018年06月18日07時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
UH-60ヘリコプターを使って独島に上陸した韓国海軍特殊戦部隊(UDT/SEAL)と海洋警察特攻隊の隊員が訓練を行っている様子。(写真提供=韓国海軍)
  日本政府は、韓国海軍が上半期の定例独島(ドクト、日本名・竹島)防御訓練を独島周辺の東海(トンへ、日本名・日本海)上で実施することに対して強力に抗議したとNHKが18日、報じた。

  報道によると、日本外務省は前日の独島防御訓練実施の発表に「到底受け入れられない」とし、外交

  ルートを通じて韓国政府に抗議したと明らかにした。

  金杉憲治アジア大洋州局長は17日夜、東京にある韓国大使館の次席公使に、独島領有権に関する日本の立場に照らして(独島防御訓練は)到底受け入れることはできず、「極めて遺憾だ」と電話で抗議した。

  また、日本政府はソウルにある日本大使館に対しても、韓国外交部に正式抗議を伝達させたという。

  これに先立ち、海軍は「18日から2日間、1艦隊戦隊級機動訓練と連携して、独島と周辺海域で合同訓練を実施する予定」と公表した。

  独島防御訓練は毎年上下半期に、海軍・海兵隊・海洋警察・空軍・陸警(警察)などが参加する中で実施されている。昨年下半期の訓練は12月28日から2日間行われた。

  上半期の訓練には国産駆逐艦「楊萬春(ヤン・マンチュ)」(DDH973・3200トン級)など艦艇6隻と、海軍P-3海上哨戒機、ヘリコプター「リンクス」、UH-60海上機動ヘリコプターや空軍F-15Kなど航空機戦力7機が参加する予定だ。

  海軍は「今回の訓練は定例的に実施してきたもので、前回と同じような規模」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事