訪韓の前に…ペンス副大統領に「慰安婦注入教育」する日本

訪韓の前に…ペンス副大統領に「慰安婦注入教育」する日本

2018年02月06日15時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
安倍晋三首相とペンス米副大統領
  7日のペンス米副大統領と安倍晋三首相の会談を控え、日本政府が韓日慰安婦合意に対する日本の立場をペンス副大統領に伝えようと意気込んでいる。ペンス副大統領が平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)開会式に出席するために訪韓する前、日本が先に「慰安婦注入教育」をしようということだ。ペンス副大統領は6日に日本に到着、7日に安倍首相と会談し、8日に訪韓する予定だ。

  日本経済新聞は6日、核・ミサイル問題に関連して北朝鮮にどう圧力を加えるかという点のほか、日韓慰安婦問題も安倍首相とペンス副大統領の会談の主な議題になるという見方を示した。

  同紙は「合意で慰安婦問題は最終的かつ不可逆的に解決され、したがって『合意は1ミリも動かさない』という日本政府の立場を安倍首相が伝える予定」とし「米政府も過去に両国の合意を支持しただけにペンス副大統領も同じ見解を示すとみられる」と述べた。続いて「ペンス副大統領と事前に協議することで、『慰安婦合意に重大な欠陥がある』と主張する文在寅(ムン・ジェイン)大統領に合意を着実に履行するよう圧力を加えるという意図」と分析した。

  先月16日にカナダ・バンクーバーで開かれた外相会合でティラーソン米国務長官は「(慰安婦問題は)両国が今後さらにすべきことがある」と述べた。当時、日本政府・メディアは慰安婦に関連して追加の措置を日本に要求したのではと警戒感を表した。そして結局、「韓日合意に対する追加措置を促す韓国の立場を理解するという点を表明したと解釈される」と米国側に公式的に問題提起をした。同じ脈絡でペンス副大統領が文大統領に会う前にこの問題について釘を刺しておこうというのが日本の意図ということだ。

  安倍首相は2日夜、トランプ大統領との電話会談でも慰安婦問題に言及した。会談直後に首相官邸は「安倍首相はトランプ大統領に慰安婦合意に対する日本の考えを伝え、文大統領と(9日に平昌で)首脳会談をする時、直接(慰安婦合意に対する日本の考えを)説明すると、トランプ大統領に話した」と明らかにした。当時、首相官邸は「トランプ大統領から否定的な言葉はなかった」としながらも、具体的な対話内容は明らかにしなかった。

  安倍首相は英字紙ジャパンタイムズのインタビュー(2日)でも慰安婦合意について「日本の公式立場と共に国民の感情を文大統領に伝えたい。日本では多くの人が怒りを感じている」と述べた。

  一方、朝日新聞はペンス副大統領が「北朝鮮代表団と同席する可能性がある行事で座席や写真撮影の位置が近接しないようにしてほしい」と韓国側に要求したと報じ、慰安婦問題に言及した。同紙は「11月にトランプ大統領が訪韓した当時の夕食会で韓国側が米国側に事前に了解を求めず元慰安婦を招いたことが再現されないか警戒する姿」と分析した。

  昨年11月7日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)での夕食会でトランプ大統領が李容洙(イ・ヨンス)氏に会って抱擁すると、日本政府は強く反発した。当時、韓国国内でも誰が企画したのか、トランプ大統領は事前に知っていたのか、青瓦台だけが知り外交部は知らなかったのではなどの声があった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事