オバマ、安倍には“コーナーストーン”・朴槿恵には“リンチピン”…その意味は?

オバマ、安倍には“コーナーストーン”・朴槿恵には“リンチピン”…その意味は?

2012年12月21日08時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
上の写真はリンチピン、下はコーナーストーン。
  バラク・オバマ米国大統領は朴槿恵(パク・クネ)候補の当選が確定した19日午後1時(現地時間)祝意の声明を発表した。オバマ大統領は声明で「当選した朴槿恵大統領の勝利に祝意を表する」として「韓国の新政府と緊密に協力できることを期待する」と明らかにした。特に韓・米同盟の重要性を強調しながら「アジア・太平洋地域の平和と安定の核心(linchpin)」という表現を使った。

  3日前、日本の総選挙で勝利した安倍晋三次期総理に対する祝賀声明では「米・日関係はアジア・太平洋地域の平和と安定の礎石(cornerstone)」と述べた。

  韓・米同盟には「リンチピン」、米・日同盟には「コーナーストーン」という用語をそれぞれ使ったのだ。リンチピンは馬車や車の車輪を固定させるために軸にさすピンを、コーナーストーンは礎を意味する。ワシントンの外交消息筋は「リンチピンもコーナーストーンも2つとも重要なパートナーという意が込められているが、外交的にリンチピンには同じ価値を追求するパートナーという意味がさらに強く込められている」と話した。

  ジョージ・W・ブッシュ大統領の時、国家安保会議アジア担当局長をしていたビクター・チャ ジョージタウン大学教授は「米国はリンチピンという用語を主に米・日関係にだけ使ってきた」として「だが、2010年6月カナダ、トロントで開かれた主要20カ国(G20)首脳会議からリンチピンという表現を韓・米同盟に使った」と説明した。

  当時、オバマ大統領が「韓・米同盟は韓国と米国だけでなく太平洋全体安保のリンチピン」という表現を使うとすぐに日本の官僚らは辞書まで調べてリンチピンを単数だけで使うのか、復数にも使うのかを調べた。日本がこれ以上リンチピンではないという意味なのか確認するためだったという。

  米国の主な政治家や官僚らは韓国大統領選挙結果に対して「米国も果たせなかった初めての女性大統領誕生」としながら「韓・米同盟をさらに進展させることができるパートナー」と意味付けた。

  下院外交委院長に内定しているエド・ロイス(共和・カリフォルニア)議員は「韓・米議員連盟共同議長の時、朴次期大統領とともに仕事をした縁がある」として「長い間、密接な同盟である韓国との関係がさらに強化されることを期待する」という声明を出した。ブルース・クリナーヘリテージ財団専任研究員は「米国政府は公式にどの候補が勝利しても祝意を表すが、朴候補の当選で安心した雰囲気」と話した。

  ◆リンチピン(linchpin)=自動車や馬車・車の車輪が外れないように軸にさすピン。外交的に共同の政策目標を達成するのに必要なパートナーという意味。

  ◆コーナーストーン(cornerstone)=建物や家の柱を支える役割をする礎。外交的にパートナーという意味。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事