<サッカー>敗戦を知らない韓国代表、期待高まるアジアカップ

<サッカー>敗戦を知らない韓国代表、期待高まるアジアカップ

2018年11月21日08時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国代表のベント監督
  サッカー韓国代表がパウロ・ベント監督(49、ポルトガル)の就任後、無敗で2018年のAマッチ日程を終えた。黄儀助(ファン・ウイジョ、26、ガンバ大阪)がまた豪快にシュートを決め、代表チーム日程に有終の美を飾った。

  韓国は20日、豪州ブリスベンのクイーンズランドスポーツ陸上センター(QSAC)で「中央アジア伏兵」ウズベキスタンと評価試合を行い、前半の南泰煕(ナム・テヒ、28、アル・ドゥハイル)と黄儀助の連続ゴール、後半の文宣民(ムン・ソンミン、26、仁川)と石鉉俊(ソク・ヒョンジュン、27、レンス)の追加ゴールでに4-0で大勝した。

  ベント監督が指揮棒を握った9月以降、韓国は毎月2試合ずつ計6試合をしたが、敗戦は一度もなく3勝3分けで今年の日程を終えた。1997年に大韓サッカー協会が専任監督制を施行して以降、ベント監督はデビューから最も長く無敗行進を続けた指揮官になった。これまでは2004年に就任して韓国代表を14カ月間率いたボンフレール監督(72、オランダ)の5試合(3勝2分け)無敗だった。韓国はウズベキスタンを相手に11勝1敗4分けという圧倒的優位を継続した。

  「頼れるゴールゲッター」黄儀助が期待に応えた。前半9分の南泰煕の先制ゴールで韓国がリードしていた前半24分、黄儀助が追加ゴールを決めた。コーナーキックからのプレーでDF李鎔 (イ・ヨン、32、全北)のシュートがGKに防がれると、こぼれ球に黄儀助が反応し、大砲のような右足シュートをゴールネットに突き刺した。

  勢いづいた韓国は後半25分に文宣民(ムン・ソンミン)が、37分には石鉉俊(ソク・ヒョンジュン)がゴールを決め、点差をさらに広げた。韓国がAマッチで4得点したのは2016年12月の東アジアカップ日本戦で4-1で勝って以来2年ぶり。

  黄儀助は2018年下半期を輝かせた韓国サッカーの「ヒット商品」だ。実際、黄儀助はロシアワールドカップ(W杯)本大会のメンバーには含まれなかった。ジャカルタ・アジア競技大会を控え、城南(ソンナム)FC時代の恩師のキム・ハクボムU-23(23歳以下)代表監督がオーバーエージ(23歳超過選手)枠に抜てきすると、「人脈サッカー」という批判を受けた。しかしアジア競技大会で9ゴールを決め、得点王のタイトルと金メダルを獲得した。アジア競技大会での活躍を見たベント監督は黄儀助を代表チームに呼び、今では確実なチームトップに定着した。

  黄儀助は代表チームと所属チームを合わせて最近26試合で25得点をマークしている。17日の豪州戦(1-1引き分け)の先制ゴールを含め、今回の豪州遠征試合2試合ともゴールを決めた。所属チームでも最近6試合連続で得点し、チームの降格圏脱出に大きく寄与した。

  ベント監督は今回の遠征2試合を控え、破格的なメンバー構成を見せた。孫興民(ソン・フンミン、26、トッテナム)、奇誠庸(キ・ソンヨン、29、ニューカッスル)、鄭又栄(チョン・ウヨン、29、アルサド)など従来の主軸メンバーの代わりにナ・サンホ(22、光州)、キム・ジョンミン(19、リーフェリング)、イ・ユヒョン(21、全南)など若い選手を選抜した。李青竜(イ・チョンヨン、30、ボーフム)、具滋哲(ク・ジャチョル、29、アウクスブルク)などベテランにも機会を与えた。来年1月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるアジアカップ本大会のエントリー構成を控え、代表チームの戦術と選手構成で多様性を高めるための試みだった。

  こうした破格的な実験は黄儀助がいるからこそ可能だった。ベント監督は黄儀助のゴール決定力を信じて中盤と守備の構成に大きな変化を与えた。アジアカップで「孫興民と奇誠庸を活用できない場合」に備えたプランBも点検した。豪州戦の引き分けとウズベキスタン戦の大勝で代表チームの自信もさらに高まった。両国はアジアカップで韓国とともに優勝候補に挙げられる。

  ベント監督は就任後、9月と10月のAマッチ4試合では固定的な戦術と選手構成を活用して組織力を高めた。今回の2試合は新しい選手のテストに焦点を合わせた。1960年から58年間もアジアカップの優勝と縁がない韓国サッカーの「恨(ハン)」を晴らすためだ。

  韓国代表チームは来月中旬、アジアカップ出場メンバーを招集し、国内で組織力を高めた後、22日にUAEに渡る予定だ。2019年の新年はサッカーで始まる。1月1日のサウジアラビア代表との評価試合でアジアカップの最終リハーサルをした後、本大会の日程に入る。韓国は7日にフィリピン、12日にキルギス、16日に中国とグループリーグ予選を行う。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事