シベリアの石炭、北朝鮮鉄道を利用して韓国・浦項へ

シベリアの石炭、北朝鮮鉄道を利用して韓国・浦項へ

2014年11月29日09時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮鉄道を経てシベリア産有煙炭を韓国に搬入する韓国と北朝鮮・ロシア間の試験プロジェクトが実を結び、最初の搬入分が29日未明に韓国に到着した。統一部の林丙哲(イム・ビョンチョル)報道官は28日の記者会見で、「有煙炭4万5000トンを積んだ中国船籍の貨物船が27日午後9時30分、北朝鮮咸鏡北道羅津港を出港した」と述べた。シベリアで採掘された石炭はロシア・ハサンと北朝鮮羅津港をつなぐ54キロの鉄道で運送された後、船に積み移され、29日午前5時に浦項港に入った。石炭を搬入したポスコ側は12月1日に荷役を始める。

  羅津港での船積み作業を監督するために現場を訪問した韓国政府の関係者やポスコなど民間企業の関係者も28日昼、ロシアに出てきた。29日にウラジオストク発仁川行きの飛行機で帰還する予定だ。政府関係者は「国連の北朝鮮人権決議案採択に北が反発し、南北関係がふさがった状況でも、予定通りに石炭が搬入され、我々の当局者を含む南側関係者の羅津現地訪問を北側が許したというのは大きな意味がある」と述べた。

  韓国と北朝鮮・ロシアが参加する羅津-ハサンプロジェクトは、昨年11月に訪韓したプーチン露大統領と朴槿恵(パク・クネ)大統領が首脳会談で合意し、本格的に推進された。韓国などアジア国家の輸出貨物を北朝鮮の羅津港に引き込み、羅津-ハサン区間の鉄道とシベリア横断鉄道(TSR)を利用して欧州まで運送する複合物流・運送事業だ。これに向けて昨年9月に羅津-ハサン鉄道現代化事業が終了した。羅津港3号埠頭も現代化した。

  ポスコと現代商船・KORAIL(韓国鉄道公社)はコンソーシアムを構成し、この事業に間接的に参加した。ロシアと北朝鮮は7対3の割合で投資した合作会社「ラソンコントランス」を2008年に設立した。韓国企業のコンソーシアムはロシア側の持ち株の半分(1800億-2000億ウォンと推定)を引き受ける形で参加した。政府は朴大統領が主張したユーラシア・イニシアチブを推進するため、羅津-ハサンプロジェクトに積極的な姿勢を見せてきた。第3国を通じた間接投資という点を挙げ、5.24対北朝鮮制裁措置の制限を受けない例外事業と見なしている。

  ロシアのガルシカ極東開発相は28日、ソウル世宗路政府庁舎で柳吉在(リュ・ギルジェ)統一部長官と会談し、「羅津-ハサン区間の鉄道が復旧し、試験的に石炭輸送が始まった。これは韓国・北朝鮮とロシアの共同努力の成果」と述べた。

  ポスコはその間、年間200万トンのシベリア産石炭を露ウラジオストク港を通じて船で調達してきた。これはポスコが1年間に購買する石炭の8-9%ほどで、豪州・カナダ・米国の次いで多い。また、現代商船は今後このプロジェクトが安定すれば、羅津港を拠点に北東アジア地域で物流事業の主導権を確保できる。中国吉林省・遼寧省・黒龍江省の東北3省の輸出量を陸路で運んだ後に大連や青島港から輸出することより、(東北3省から)直線距離で約10キロ離れた羅津を経て釜山-日本-米国などに輸送するほうが、時間と費用の面ではるかに有利であるからだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事