<野球>「二刀流」新人登場に注目…「韓国の大谷翔平に育てる」

<野球>「二刀流」新人登場に注目…「韓国の大谷翔平に育てる」

2017年09月12日14時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
カン・ベクホは打席では本塁打を放ち、マウンドでは150キロの剛速球を投げる。ktは「二刀流」で有名な日本の大谷翔平のようにカン・ベクホを投・打ともに指導する計画だ。カン・ベクホは今シーズン新人として大活躍しているイ・ジョンフ(ネクセン)のようにプロでも成功したいという意欲を見せた。
  「カン・ベクホを韓国の大谷翔平(23、日本ハム)に育てる」。

  プロ野球ktウィズが11日に開かれた2018KBO新人ドラフト(2次)で、全体の1順位でソウル高の投手兼捕手カン・ベクホ(18)を指名した。ktのスカウトチーム長、ノ・チュンソプ氏は「来季からすぐにカン・ベクホを投手・打者として起用する予定」と伝えた。日本プロ野球で「二刀流」で成功した大谷がロールモデルだ。ノ氏は「カン・ベクホは珍しい商品性を持つ。今後、ktのフランチャイズスターに成長する逸材」と紹介した。

  昨年の最下位チームktが1順位指名権を持っていた。ドラフト直前まで「ktはカン・ベクホではなく別の選手を指名する」という話も出ていた。ノ氏は「外部に漏れてはいけないので正確に話すことができなかった。国軍体育部隊の投手キム・ソンギ(26)、トクス高の投手ヤン・チャンソプ(18)にも注目していたが、以前から考えていたのはカン・ベクホ」とし「バットスピードと変化球への対処能力はすでにプロのトップレベル」と評価した。

  カン・ベクホは30年以上も草野球をしてきた父カン・チャンヨルさん(58)の影響で幼い頃から自然に野球を始めた。小学2年の時、本格的に選手の道を歩み始めた。中学生の頃、京畿道富川(プチョン)からソウルに転校したため、6月の1次ドラフト対象者ではなかった。

  カン・ベクホは2015年に開場したソウル高尺(コチョク)スカイドームで最初の本塁打を放ち、広く知られることになった。今年の高校大会では打率4割2分2厘、2本塁打をマークした。投手としては29イニング2/3を投げ、防御率2.40。特に8月に中央日報が主催した大統領杯高校野球大会でカン・ベクホはソウル高を優勝に導き、最優秀選手(MVP)にも選ばれた。

  カン・ベクホは11日にカナダで幕を下ろした第28回U-18(18歳以下)野球ワールドカップ(W杯)でも大活躍した。主に打者として出場し、打率3割5分7厘(28打数10安打)、1本塁打、8打点で韓国の準優勝に貢献した。カン・ベクホはカナダにいたためドラフト現場にはいなかった。

  投手のカン・ベクホは直球の球速が150キロを超え、スライダーも140キロ台。身長181センチ、体重95キロのカン・ベクホは太ももの周囲が32インチにもなる。この下半身が速球と強い打球を生み出す。高校時代は10本塁打を放った。捕手・一塁手・投手と幅広く経験し、3年になってからは主に捕手を任され、試合の最後に抑え投手として登板した。ktはカン・ベクホのポジションを外野手に変えた後、来年は主に打者として起用し、ブルペン投手としても活用する計画だ。

  カン・ベクホの「二刀流」挑戦はプロ野球では大きな関心を集める。投手と打者を兼ねた選手はプロ野球草創期のメンバーだったキム・ソンハン元起亜(キア)タイガース監督が最初で最後だ。キム元監督はプロ野球元年だった1982年、投手として10勝、打者として打率3割0分5厘、13本塁打と活躍した。しかし体力的な負担からその後は投手として登板する機会が減った。投手と打者を兼ねる大谷も身体への負担のためけがに苦しんでいる。

  金鎮旭(キム・ジンウク)kt監督はカン・ベクホの投打兼業に前向きだ。金監督は「選手の年俸を実力だけで決めるのは正しくない。その選手のファン層の要求も反映しなければいけない。そうしてこそ選手もファンサービスについて考える」とし「そういう面で(投打ができる)カン・ベクホは魅力的」と評価した。

  カン・ベクホは1990年代に大ヒットしたバスケット漫画『スラムダンク』の主人公と名前が同じだ。このため多くの野球ファンが「カン・ベクホ」の名前を知っている。カン・ベクホの父は息子が元気に育ってほしいという願いで「ベクホ(白虎)」という名前を付けた。カン・ベクホは「よりによって姓もカンなのでバスケット選手と思う人が多い」と語った。漫画『スラムダンク』のカン・ベクホは実力よりも情熱的なキャラクターだが、現実の野球選手カン・ベクホは実力と情熱を兼ね備えた「野球の天才」だ。

  今回のドラフトで指名されたた高校卒業予定選手はほとんどが1999年生まれ(満18歳)だ。2008年北京オリンピック(五輪)野球の金メダルと2009年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準優勝をテレビで見ながら野球を始めた世代、いわゆる「北京キッズ」だ。2007年に20チームだった全国リトル野球チームは2009年には73チームに増えた。2017年現在は166チームだ。このように野球を始めて成長した選手がついにプロ入りする。優秀選手は特に投手に集中した。あるプロ球団のスカウトは「第2ラウンドまで指名された投手は才能があり、すぐに起用できるほどの選手たち」と伝えた。柳賢振(リュ・ヒョンジン、LAドジャース)、金広鉉(キム・グァンヒョン、SK)、梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン、起亜)以降、特級投手がいなかった韓国野球界に活力を与える主役として期待されている。

  2順位指名権を持つサムスンは右腕投手ヤン・チャンソプを指名した。ヤン・チャンソプも韓国U-18代表として高校2年から注目されていた。今年は50イニング1/3を投げ、防御率1.44。昨年8位のロッテも馬山(マサン)ヨンマ高の右腕投手イ・スンホン(18)を指名した。ドラフト1位選手のうち、NCが指名した捕手キム・ヒョンジュン(セグァン高)を除いた9人すべてが投手だ。この日10球団が指名した100人の選手のうち投手は61人だった。起亜はセグァン高左腕投手キム・ユシン(18)をはじめ投手を8人(野手2人)指名した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事