【コラム】文在寅大統領はもっと「堕落」してもよい(1)

【コラム】文在寅大統領はもっと「堕落」してもよい(1)

2017年07月17日15時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)政権の青瓦台(チョンワデ、大統領府)では、1週間を開始する首席秘書官・補佐官会議が午後2時に開かれる。執権初期にはやるべきことが山積しているが、なぜこのようにするのか。青瓦台の関係者は「大統領が月曜日朝に会議を開けば前日の日曜日に休めないと言ってそう決めた」とし「まだ日曜日も昼ごろに出勤しているが、時間が経過すれば日曜日の休業が定着するだろう」と話した。

  文大統領は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の青瓦台で民情首席秘書官・市民社会首席秘書官・秘書室長を務めた。未明に起きて朝の会議を開き、夜遅く寝ることが多かった。いつも「限界容量」を超過し、会議の途中に眠気に襲われることもよくあった。アレルギー治療薬を服用する文喜相(ムン・ヒサン)秘書室長、酒の席が多かった柳寅泰(ユ・インテ)政務首席秘書官と鄭燦龍(チョン・チャンヨン)人事首席秘書官も時々うとうとしていた。文大統領は「2人きりで対話中に眠気に襲われることも何度かあった」と告白した。青瓦台勤務初年度に体重が10キロも増えて血圧が上がった。歯が10本も抜け、インプラント手術を受けた。月曜日午後の会議は参謀の労働の強度をよく知る大統領の人間的な配慮の結果だった。

  文大統領の支持率が就任から2カ月経過しても80%を超えている秘訣は、このように試行錯誤に基づいた積極的な配慮と疎通のリーダーシップにある。大統領執務室を秘書が勤務する与民館に移したのも疎通には最高の判断だった。首席秘書官は急ぎの場合3階に上がって大統領と即席で討論を行うが、大統領の意見を変えたりもする。大統領は尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官の部屋に電話をかけてもつながらなかった時、任鍾ソク(イム・ジョンソク)秘書室長主宰の会議が開かれている2階の会議室を訪ねたこともある。青瓦台観覧客に向かって執務室の窓を開けて「楽しい時間を過ごしてください」と手を振って対話したりもする。権力の意志が弱く参謀の言いなりになるという懸念は見事に外れた。

  参謀が大統領に会うのに秘書棟から500メートルも離れている本館まで乗用車に乗って移動する時代錯誤的な場面は消えた。セウォル号惨事当日に安保室長が朴槿恵(パク・クネ)大統領がどこにいるのか分からず、状況報告書を官邸と執務室の「門番」権力に同時に伝えたというコメディーも二度と繰り返されないだろう。例外的に高い支持率は決して偶然ではない。

  持って生まれた原則主義者である文大統領が妥協を始めた点も目を引く変化だ。国民の党に向けた秋美愛(チュ・ミエ)共に民主党代表の発言で迎えた補正予算白紙化の危機を、任鍾ソク(イム・ジョンソク)秘書室長の代理謝罪で収拾した場面は象徴的だ。「人事と補正予算は別」という「自分の原則」より「民生のための現実政治」をさらに重視するという思考の転換だろう。

  韓米首脳会談を控えてトランプ米大統領を動かすことができる「元祖保守」フランクリン・グラハム牧師を活用しようという建議を内部の反対にもかかわらず受け入れたのも新鮮な決断だった。グラハム牧師を説得したキム・チャンファン牧師は「私は2番(自由韓国党の洪準杓候補)に投票したが、国のために文大統領を支援した」と述べた。国益のために進歩と保守が一つになるのは当然のことだ。

【コラム】文在寅大統領はもっと「堕落」してもよい(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事