朴槿恵政府、慰安婦を題材にした映画も「ブラックリスト」に

朴槿恵政府、慰安婦を題材にした映画も「ブラックリスト」に

2018年02月06日14時45分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中国の旧日本軍慰安婦被害者を題材にした映画『二十二(Twenty Two)』のポスター
  韓国の朴槿恵(パク・クネ)政府時代、慰安婦を題材にした映画など27本の映画が意図的に支援を排除した「ブラックリスト」に含まれていたことが分かった。

  韓国文化体育観光部傘下民官合同「ブラックリストの真相調査および制度改善委員会」は、朴槿恵政府が2014年から2016年まで政府に批判的な映画、または左派系の独立ドキュメンタリー映画に対する製作支援を排除するために、27本の映画を「ブラックリスト」に選定したと6日、明らかにした。

  このリストに入った映画では、中国の旧日本軍慰安婦被害者を扱った映画『二十二(Twenty Two)』も含まれた。また、龍山(ヨンサン)参事をテーマにした『二つの門2』、済州(チェジュ)海軍基地をテーマにした『クロンビ、風が吹く』なども含まれた。

  真相調査委は朴槿恵政府が組織的に理念偏向的、または政府批判的だと判断される「問題の映画」への支援を排除したと説明した。真相調査委は「左派、あるいは反政府を理由に支援事業から特定映画を最初から排除したのは公正性と平等な機会保障を傷つけた違法行為」とし「映像振興委員会の事業全般に調査範囲を拡大し、審査過程の問題に対しても調べる計画」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事