文大統領「雨降って地固まる」…習主席「新たな出発」

文大統領「雨降って地固まる」…習主席「新たな出発」

2017年11月13日09時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅大統領が11日(現地時間)、ベトナム・ダナンで中国の習近平国家主席と会談前に握手している。会談は習主席が移動する時間がないという中国側の要請で習主席の宿舎で行われた。
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席が11日、ベトナム・ダナンで首脳会談を行い、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備で悪化した韓中関係が解氷期に入っている。ただ、この日の会談では北核問題の解決法や中国の経済報復解除など具体的な懸案は議論されず、まだ両国間に残された課題は少なくない。

  会談の雰囲気は良かった。習主席はこの日の会談を「新たな出発であり良いスタート」と評価した。文大統領は「雨降って地固まるということわざがある。また梅経寒苦、春を知らせる梅は冬の寒さを克服するという中国の成語もある」とし「韓中関係も実質的な戦略的協力パートナーシップ関係に生まれ変わり、韓中関係の新しい時代を開くことを望む」と述べた。

  両首脳は来月、中国北京でまた首脳会談を行うことにした。来年の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)訪問を要請する文大統領に対し、習主席は「できる限り努力する」とし「難しければ高官級代表団を派遣する」と述べた。

  また両首脳は北朝鮮の核・ミサイル問題に関し、韓半島(朝鮮半島)安保状況を安定的に管理する必要があるという意見で一致し、最終的に対話を通じて北核問題を平和的方式で解決することにしたと、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は伝えた。両国はこのために各級レベルで戦略対話を強化していくことにした。

  習主席はこの日、文大統領との会談を含めて4カ国と2国間会談を行った。ベトナム、韓国、日本、フィリピン首脳の順だった。

  こうした順序を決める過程で韓国・日本が水面下の外交戦を繰り広げた。韓国側は文在寅大統領が安倍晋三首相より先に習主席に会うことを望み、日本側も同じだったが、中国は韓国側を配慮したという。

  この日の4カ国との首脳会談はすべて習主席が宿泊するクラウンプラザホテルで行われた。4カ国が習主席の日程を考慮し、会談場所を中国側の宿舎に決めたという。韓国側は7月の最初の韓中首脳会談(独ベルリン)も習主席の宿舎で行われた点に言及し、今回は第3の場所で会談しようと提案した。しかし習主席が移動する時間がほとんどないという中国の要請を受け、今回も文大統領が習主席がいる場所に行った。

  習主席のタイトな日程のため各国との首脳会談が次々と遅れた。韓中首脳会談は当初午後5時(現地時間)に始まる予定だったが、実際には午後5時37分ごろ始まった。直前の中国-ベトナム首脳会談が長引いたうえ、習主席がチリ政府との了解覚書(MOU)締結行事にも出席したからだ。文大統領は会談場の近くで待機し、MOU行事の終了が迫ると移動した。会談は当初の予定より13分長い43分間行われ、このため次の日程の日中首脳会談も遅れた。安倍首相はしばらく待ってから習主席と会談した。

  習主席は10日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の夕食会にも30分ほど遅刻した。21カ国の首脳のうち最も遅く到着した。青瓦台関係者は「習主席が遅く登場したため、文大統領をはじめとする各国首脳が控え室で記念撮影を待ち、かなりの時間がかかった」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事