【グローバルフォーカス】第19代韓国大統領に待ち構えている挑戦(1)

【グローバルフォーカス】第19代韓国大統領に待ち構えている挑戦(1)

2017年04月21日13時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  1974年8月9日、リチャード・ニクソン大統領の辞任書簡が国務長官に伝えられてから30分後、ジェラルド・フォードが米国の38人目の大統領に就任した。ホワイトハウスのイーストルームでフォードは次のように述べた。「私たちの長い悪夢は終わった」。有名な言葉だ。

  5月9日に新しい大統領を選ぶ韓国人も同じような気持ちだろう。新聞のヘッドラインを飾り、国中を飲み込んだ政治的な危機が数カ月ぶりに終わるのだ。だが、一つの悪夢は終わったが新たな悪夢が始まるかもしれない。第19代韓国大統領は歴史上最も難しい戦略・外交環境と対抗しなければならない。

  その最たる挑戦はソウルに新たな行政府が入った後に悪化する北朝鮮の核兵器・ミサイル脅威だ。米戦略国際問題研究所(CSIS)の「38度線を越えて(BeyondParallel.CSIS.org)」プロジェクトは韓国の選挙と北朝鮮の挑発間の相関関係を把握するためにデータベースを構築した。われわれが発見したのは、金正恩(キム・ジョンウン)時代の北朝鮮が韓国の選挙日から平均でプラスマイナス(±)7日以内に挑発を強行しているという点だ。金正日(キム・ジョンイル)時代には北朝鮮の挑発が±11週以内に発生した。したがって、誰が5月9日に当選しようとも、一段と高まった北朝鮮の好戦性といやおうなく対面することになるだろう。

  弱り目にたたり目で、過去6カ月の間に韓米関係は弱まった。トランプ政府はジェームズ・マティス国防長官、レックス・ティラーソン国務長官、マイク・ペンス副大統領など高位幹部を次々と韓国に送り込んだ。韓国の政治混乱にもかかわらず、韓米関係は堅固だというメッセージを送るためだ。だが、北朝鮮の脅威を阻止するために必要な韓米同盟の能力向上には進展がなかった。韓国の外交・安保担当者が数週間以内に入れ替わるためだ。新しい韓国行政府になれば、トランプ政府は韓国の新しい外交・安保担当者と現危機に対処するための戦略・政策議論を一から再開しなければならない。

  このような韓米関係の停滞状態に加えて韓日関係まで下り坂だ。釜山(プサン)日本総領事館前の慰安婦少女像設置に反発した日本は駐韓日本大使を日本に帰国させた。安倍晋三政府には、韓国が2015年韓日の間の旧日本軍慰安婦交渉妥結の精神に違反したという主張がある。

  次の韓国大統領は高まる北朝鮮の脅威、進展のない韓米同盟、無気力な韓日関係だけではなく、高高度ミサイル防衛(THAAD)体系展開決定以後、韓国に前例のない経済的圧力を加えている中国とも直面しなければならない。中国が圧力を和らげる兆しは見られない。

【グローバルフォーカス】第19代韓国大統領に待ち構えている挑戦(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事