俳優パク・ボゴム、慰安婦被害者後援Tシャツ着て芸能番組出演…話題に

俳優パク・ボゴム、慰安婦被害者後援Tシャツ着て芸能番組出演…話題に

2016年09月06日14時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優パク・ボゴム
  俳優パク・ボゴムが慰安婦被害女性を後援する社会的企業のTシャツを着て芸能番組に出演したという事実がやや遅れて伝えられて話題になっている。

  今月4日、パク・ボゴムが出演したKBS第2テレビの芸能番組『1泊2日』の放映後、オンラインでは彼が旅行中に着ていたTシャツが注目を集めた。

  白地に花模様の刺繍が施されたやや野暮ったくも見えるこの服は、慰安婦被害女性を後援する社会的企業MARYMONDが扱っているTシャツだった。同社は販売収益金の一部を慰安婦被害女性に届けている。同社関係者は「パク・ボゴムさんを含めて芸能人に製品を協賛したりプレゼントしたことはない」と話した。

  パク・ボゴムはTシャツはもちろん、アームバンドやスマートフォンケースなど慰安婦被害女性を後援するアイテムをたびたび着用してきた。

  昨年8月14日(世界慰安婦被害者記念日)には同社のTシャツを着て音楽番組『ミュージックバンク』(KBS2)の収録に登場した姿がファンによってキャッチされて注目された。

  先月は平和の少女像アームバンドをつけて映画試写会に出席したこともある。平和の少女像アームバンドは純収益金全額が慰安婦被害女性の後援事業に寄付されている製品だ。

  これに関して、ネット上には「善良な影響力を静かにさり気なく行使する俳優」「行動も考えもまっすぐな青年」「ルックスに劣らも考え方もまた温かい」など賞賛するコメントが多く掲載された。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事