「韓国的慣習・文化に甘んじれば、現代車のさらなる成長は難しくなるだろう」(1)

「韓国的慣習・文化に甘んじれば、現代車のさらなる成長は難しくなるだろう」(1)

2017年07月17日14時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
現代車のフランク・アーレンス元常務。
  現代自動車の自動車販売が急速に減少している。独フォルクスワーゲン、米ゼネラルモーターズ(GM)とともに「ビッグ3」と呼ばれた中国では、今年上半期(1~6月)の販売量が30万1200台と、昨年同期より42%減少した。起亜車まで合わせると、中国市場における販売量の減少幅は47%に達する。現代・起亜車の米国市場シェアも2010年9%から今年上半期に入って7.6%と減少した。

  現代車に立ち込められた暗雲はどこから来たものだろうか。青い目の異邦人、フランク・アーレンス元常務は現代車の企業文化と労組の形態から原因を見出している。ワシントン・ポスト(WP)の記者として18年間勤めた後、2010年10月から約3年間現代車グループの外信広報を担当していたアーレンス元常務は自身の勤務経験を語る本『現代自動車 フ常務の話』(原題)を先月、出版した。自身の名前「フランク」の頭文字を取って自らを「フ常務」と呼んだ。現在、米広告代理店BGRグループで勤務している「フ常務」と電子メールとソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を通じてインタビューをした。彼は「挑戦・開拓・突破のような『現代スピリット』は変わりない価値」としながらも「硬直した組織構造に柔軟性を吹き込んで韓国的観点を世界的観点にアップグレードしてこそ現代車が長生きできるだろう」と指摘した。

  --中国市場での現代車の販売減少が激しい。危機をどう克服できると見ているのか。

  「もちろん、中国では高高度防衛ミサイル(THAAD)体系の配備問題によって現代車が被害を受けている。ところが、問題は根本的に競争力だ。中国のローカルメーカーが競争力のある車をますます出しており、現代のシェアを脅かしている。さらに、現代は中国で今G80・G90(韓国名EQ900)のようなラグジュアリー車を出していない。中国消費者の需要は次第に高級化している。今すぐ『ジェネシス』を中国に投じるか、最初から中国で直接生産しなければならない。それとも、失地を回復し難い」

  --米国人として北米市場におけるシェアの下落要因は何だと見ているのか。

  「SUV(スポーツ用多目的車)、SUV、SUV!韓国人はいわゆる『会長文化』に慣れているのでセダンが好きだ。駐在員・現地の役員が全世界的なSUVの人気について数回に渡って話してきたが、本社とのコミュニケーションで問題が発生した。一部の役員が自身が好むセダン文化に慣れた余り、世界市場の変化を読むことに手遅れたと言える。『コーナー』はよく出来上がった車だ。米国でも人気を得るだろうが、1年以上ブームが続くのは難しいと思う。コーナーが属した小型SUV市場にすでに数多くのライバルが出ているためだ。『サンタフェ』より大きなSUVも出るだろうが、これも発売には1年以上がかかる。今年第三四半期に発売されるジェネシス(商品名G70)も『ツーソン』級のラグジュアSUVとして発売した方がより良いと考える」

「韓国的慣習・文化に甘んじれば、現代車のさらなる成長は難しくなるだろう」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事