文大統領と直立で握手した金与正氏、習近平主席に腰曲げてあいさつした理由

文大統領と直立で握手した金与正氏、習近平主席に腰曲げてあいさつした理由

2018年05月13日13時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
先月27日の南北首脳会談で文在寅大統領とあいさつする金与正氏(左)。右側の写真は8日に中国・大連で習近平国家主席とあいさつする金与正氏の姿。(写真=中央フォト、朝鮮中央テレビ)
  北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)労働党中央委員会第1副部長が習近平中国国家主席に腰を曲げてあいさつする姿がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で話題だ。

  金与正氏は8日に中国・大連で金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長とともに習主席に会った席で明るく笑いながら握手をした後、腰を曲げてあいさつした。朝鮮中央テレビも9日にこうした姿を公開し、「金与正副部長同志をはじめとする随行幹部が宴会に招待された」と報道した。

  この姿が話題になったのは、南北首脳会談で金与正氏が文在寅(ムン・ジェイン)大統領とあいさつする際の姿勢と比較されるためだ。首脳会談の際に板門店(パンムンジョム)で文大統領に会った金与正氏は笑って握手を交わしたが、腰を曲げてあいさつする姿はなかった。金与正氏は2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪を契機に青瓦台(チョンワデ、大統領府)で文大統領と会った時も頭を下げずにあいさつした。

  これに対して中央日報統一文化研究所のチョン・ヨンギョ研究員は「北朝鮮が韓国に対しては自信を表現する一方、韓半島(朝鮮半島)情勢と関連して中国が持っている影響力を感じる状況から出た一断面とみられる」と分析した。

  このほか金与正氏が張成沢(チャン・ソンテク)死亡後に事実上金正恩委員長の中国特使役をしているのではないかとの見方も出ている。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事