<大リーグ>「二刀流の怪物」大谷、早くもスーパースター待遇

<大リーグ>「二刀流の怪物」大谷、早くもスーパースター待遇

2018年03月08日09時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「二刀流」大谷翔平(24、LAエンゼルス)が「スーパースター」待遇を受けながらメジャーデビューを準備している。昨年末エンゼルスと契約した大谷は先月1日(日本時間)に米国行きの飛行機に乗った。そして15日からアリゾナで始まったスプリングキャンプに参加している。エンゼルスはオープン戦から「大谷用計画表」を組んでチームを運営している。大谷を投手・打者として活用するために先発6人制を設けた。先発登板した後、大谷は5日間休めるが、その間に2日間ほどは打者として出場できる。日本プロ野球での活動方法と同じだ。

  大谷は先月25日、ミルウォーキー・ブリュワーズとのオープン戦に出場した。先発した大谷は1イニング1/3を投げて1本塁打を含む2安打を許し、1失点した。翌日は休んだ後、27日のサンディエゴ・パドレス戦、28日のコロラド・ロッキーズ戦には打者として出場した。3月1日にはブルペン投球をした後、翌日は一日中休んだ。そして3日、ミルウォーキー傘下のマイナーチームとの試合に先発した。

  大谷はまだ自分の姿を見せられずにいる。投手では最高球速が156キロにとどまっている。大谷の最高球速は165キロだ。その代わりフォークボール、スライダーなど、さまざまな変化球を試している。打者としては4試合に出場し、打率1割1分1厘(9打数1安打)。エンゼルスのマイク・ソーシア監督は「大谷は計画通りにうまくやっている。打撃はタイミングを合わせていきつつある」と伝えた。

  しかし多くのメジャー専門家らは大谷のための先発6人制に疑問を呈している。野球統計サイトのファングラフドットコムは「エンゼルスには大谷のための先発ローテーションを満たす確実な投手5人がいない。先発6人制はシーズンを通じて見るのは難しいだろう」と指摘した。しかしソーシア監督は「問題が出てくれば臨機応変に対応する」とし「大谷用計画表」を維持する考えを表した。大谷が契約を控えて「投打兼業」を最優先条件にしたからだ。

  エンゼルス球団はグラウンドの外でも大谷を手厚く待遇している。部屋3つのマンションを準備し、日本人通訳も付けた。大谷は余暇時間にチームメートとゴルフやバスケットボールを楽しむ。1919年のベーブ・ルース以来99年ぶりに投打兼業に挑戦する大谷に世界が注目している。先月15日、大谷がエンゼルスと初めて練習をする姿を見るために70余りのメディアから100人ほどの取材陣が集まった。このため球団側は近くのホテル記者会見場を借りることになった。エンゼルスの投手タイラー・スカッグスは「これほど多くの取材陣を見たのは初めて」と驚きを表した。

  かつてエンゼルスに所属した元投手の長谷川滋利は「イチローはマイケル・ジャクソンやマドンナのようなスーパースターだった。もし大谷が打者と投手でともに成功すればイチローを超えるスーパースターになるだろう」と語った。

  大谷を見るためにエンゼルスの本拠地アナハイムを訪問する観光客も増えるとみられる。時事通信は7日、「イチローが2001年にシアトル・マリナーズに移籍したことで、シアトルを訪れる日本人観光客は6万人から最高12万人に増えた。大谷の活躍を見るためにアナハイムを訪れる日本人観光客数も10-20%は増えそうだ」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事