釜山警察庁、日本に密航して窃盗した韓国人ら逮捕

釜山警察庁、日本に密航して窃盗した韓国人ら逮捕

2018年02月06日14時13分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本に密入国した一党が乗っていた引き船(写真=釜山警察庁提供)
  窃盗の目的で日本に密航した一党が韓国警察に逮捕された。

  釜山(プサン)警察庁国際犯罪捜査隊は6日、日本に密入国した容疑でA氏(62)を拘束し、B氏(59)など3人を指名手配したと明らかにした。また、彼らの密入国を斡旋したC氏(59)など8人と船舶に乗せた船長D氏(56)など7人を書類送検した。

  A氏などは2016年12月28日午後10時ごろ、釜山港を出発して日本下関港に移動するD氏の引き船に乗って日本に密入国し、約1年間の窃盗行為を行った容疑を受けている。

  警察によると、B氏が日本に密入国して窃盗をしようとする人を募集した。その結果、A氏など密入国希望者が集まり、彼らはC氏の斡旋を通じてD氏の船舶を紹介してもらった。

  A氏などを乗せたD氏の引き船は10時間にかけて下関港に到着し、彼らを下ろした後、フィリピンに向かった。しかし、日本に到着したA氏などは2017年10月まで同行しながら空き巣狙いなどをして日本警察に捕まった。

  B氏などは現在、日本で裁判中であり、A氏は自首したのが参酌されて日本から追放された後、仁川(インチョン)空港で韓国警察によって逮捕された。釜山警察は空き巣狙いなど犯行を狙って日本に密入国した事例がさらにあると見て取り締まりを強化する方針だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事