韓国産ヘリ「スリオン」、問題があっても韓国軍に納品(2)

韓国産ヘリ「スリオン」、問題があっても韓国軍に納品(2)

2017年07月17日14時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
エンジン冷却ダクトなどに生じた結氷は航空機の性能と操縦能力を落としたりエンジンの故障を招いたりする。(写真=防衛事業庁)
  2、3次監査の結果によると、スリオンは2013年2月から2016年1月まで5回、ヘリコプター前方のウインドシールドが破損した。2014年8月にはプロペラが回るとき、ヘリコプター胴体上部にある電線切断機と衝突し、その衝撃でエンジンが停止する事故が発生した。

  2015年1月と2月には飛行訓練中だったスリオン2機が結氷を防ぐ防氷装置を稼働していたが、エンジン出力を上げると突然停止したため非常着陸し、12月には同じ欠陥で1機が墜落して機体が大破した。

  監査院の関係者は「スリオンは新しく開発された航空機なので予想できない問題が発生する可能性がある。問題は後続改善措置を十分に取らないこと」と説明した。

  墜落事故後の2016年3月に行われた性能試験の過程で、スリオンの結氷性能に問題があるという事実が明らかになった。にもかかわらず防衛事業庁は「2018年6月までに補完する」というKAIの約束を信じて、中断していたスリオン納品を再開することにした。このため遅滞賠償金4571億ウォンをKAIから受けることができなくなったというのが監査院の指摘だ。さらにすでに納品されたスリオンの改善費用207億ウォンも政府が負担する可能性も高いと、監査院は懸念した。これに関連し監査院は6月21日、チャン・ミョンジン防衛事業庁長ら3人を業務上背任などの疑いで検察に捜査を要請した。

  監査の発表に関しヤン・ウク韓国国防安保フォーラム研究委員は「短い期間内に国産ヘリコプターを開発したので予想されていた結果」としながらも「スリオンは『問題だらけ』というわけでもないが、政府が交代したことで問題が浮き彫りにされたように感じられるところもある」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事