青瓦台が発表した文大統領の訪中…中国の発表には見られず

青瓦台が発表した文大統領の訪中…中国の発表には見られず

2017年11月13日08時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席による11日のベトナム・ダナン首脳会談は、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備で冷え込んだ韓中関係の「公式解氷」宣言と見ることができる。

  両首脳は未来志向的な両国関係の構築に合意した。文大統領が来月中国を訪問することにし、習主席は韓国側の来年2月の平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)訪問要請に「訪韓のために努力する。事情があって行けなくても高官級代表団を派遣する」と明らかにした。しかし会談では北朝鮮核問題の解決法や中国のTHAAD報復解除が具体的に扱われなかった。「文在寅-習近平」会談に対する韓国の期待と中国の計算が一致しなかったのだ。

  中国の内心は中国外務省の発表文に表れている。ここには青瓦台(チョンワデ、大統領府)の発表とは違い、文大統領の訪中に関する言及がない。「韓国外交部長官の今月の訪中を歓迎する」とのみ書かれている。両国は康京和(カン・ギョンファ)長官の訪中に続き、文大統領の訪中を実務的に協議している。中国は文大統領の訪中を韓国側が首脳会談の最も重要な成果として強調することを知りながらも故意に省略したのだ。その代わりに中国が強調した部分は別にある。中国外務省は「習主席はTHAADに対する立場を改めて明らかにした。双方が相互核心利益と重要懸念事項を尊重しなければいけないと強調した」と発表した。

  また「文大統領は『韓国は中国のTHAAD問題に対する懸念を認識し、中国の戦略的安保利益を害する意図はない』と述べた」と公開した。中国国営の新華社通信と人民日報の速報はこの部分を強調した。

  青瓦台はTHAAD問題に関してこのように詳細な内容を明らかにしなかった。首脳会談で習主席はTHAAD配備の問題点を取り上げたが、文大統領はTHAAD報復の問題点を指摘しなかったという。中国はTHAAD配備問題の解決を要求して攻勢を見せたのに対し、韓国はTHAAD葛藤の解消に汲々とする守勢的な姿を繰り返したのだ。これはTHAAD問題が今後も両国が持続的に管理していかなければいけないイシューであることを表している(ハン・インヒ建国大中国研究院長)。

  北核問題について両国首脳は「現韓半島(朝鮮半島)安保状況を安定的に管理する必要があるという点に一致し、最終的に対話を通じて平和的に解決することにした」と、青瓦台の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は伝えた。青瓦台は「平和的解決方法」が何かについて口を閉じている。北朝鮮の核挑発を阻止する可視的な解決法の議論は結局、来月の文大統領の訪中に延期されたとみられる。

  一方、両国の温度差は両首脳の握手場面の写真にも表れた。中国外務省のホームページに掲載された写真で文大統領は笑っているが、習主席は笑みをこらえるように口を閉じ、ややぎこちない表情だった。習主席がトランプ米大統領やプーチン露大統領はもちろん、過去に朴槿恵(パク・クネ)前大統領に会った時に笑顔を見せたのとは対照的だ。むしろ難しい安倍晋三首相に同日会った時と似た姿だ。笑うような笑わないような微妙な習主席の表情から、韓中関係の改善、北核問題に対する中国の立場を読み取ることができる。

  中国はTHAAD問題をめぐる合意以降、繰り返し「韓国は約束を守って行動で見せるべき」と要求してきた。中国は「表情管理」をしながら関係改善のペースと程度を調節しているとみられる。本格的なTHAAD報復措置撤回が遅いのも同じ理由で説明される。

  今後も中国は韓国の誠意と姿勢を天秤にかけながら経済関係の正常化と対北朝鮮圧力の手綱を調節する可能性が高い。盧英敏(ノ・ヨンミン)駐中大使が表現したように、韓中関係は長いトンネルを抜け出したものの、依然として薄氷の上を歩いている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事