韓国産ヘリ「スリオン」、問題があっても韓国軍に納品(1)

韓国産ヘリ「スリオン」、問題があっても韓国軍に納品(1)

2017年07月17日14時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
エンジン空気吸入口などに生じた結氷は航空機の性能と操縦能力を落としたりエンジンの故障を招く。(写真=防衛事業庁)
  韓国型機動ヘリコプター開発事業スリオン(KUH-1)。陸軍ヘリコプターの主力である老朽したUH-1と500MDを入れ替えるために11年前に着手した事業だ。2006年に防衛事業庁はスリオン独自開発を決定し、韓国航空宇宙産業(KAI)を開発主幹事に選定した。防衛事業庁は2006年6月から6年間、技術開発費として計1兆2950億ウォン(約1290億円)を投入した。2012年7月にスリオンは戦闘用適合判定を受け、その後は量産に本格的に着手し、同年12月に初めて陸軍に実戦配備した。

  防衛事業庁はスリオンを国産「名品武器」として大々的に広報した。これまで陸軍はスリオン約60機を運用中であり、警察と海兵隊にも納品が予定されている。開発および購買費用を勘案すると3兆ウォンを超える。

  しかし監査院の16日の監査結果を見ると、スリオンは名品ヘリコプターとは距離があった。エンジンの各種欠陥のほか、機体内部にまで雨水が漏れるというのが監査院の発表だった。

  監査院は朴槿恵(パク・クネ)政権時代の2015年、スリオン開発事業に対する1次監査に着手した。2014年の防衛産業不正特別監査団発足の後続措置だった。監査ではKAIが開発の過程で原価を水増しして547億ウォン台の不当利益を得たという結果があった。監査院はこれを共謀した疑いがある防衛事業庁の職員2人を検察に捜査依頼した。ここまではすでに発表された事実だ。

  2013年からスリオンで各種事故が続くと、監査院は2016年3ー5月に2次監査に着手した。同年10-12月には試験評価と政府認証過程に対する3次監査まで行った。この日の監査院の発表は2、3次監査の結果を総合したものだ。

  監査自体は朴槿恵政権当時に防衛産業の不正をなくすレベルで行われたが、監査の結果は文在寅政権発足後のこの日に発表された。監査院側は「普通、監査終了後から監査委員会の議決まで3-4カ月かかるが、防衛事業庁が提出した資料があまりにも多く、公開に時間がかかった」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事