養子で渡仏、フランス初の韓国系閣僚に

養子で渡仏、フランス初の韓国系閣僚に

2012年05月18日15時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
Check
hatena
0
  韓国系の養子出身女性がフランスの閣僚になった。 フランスのエロー新首相(62)は16日(現地時間)、オランド大統領(58)の裁可を受け、34人の閣僚を発表した。 この中には大統領選挙当時にオランド陣営でデジタル経済特補を務めたフルール・ペルラン氏(39)が含まれた。 中小企業・革新・デジタル経済担当相だ。 フランスの閣僚は省庁を率いる閣僚(18人)とその下で特定分野を引き受ける担当相(16人)に分類される。

  ペルラン氏は生後6カ月の時、韓国からフランスに送られた。 韓国での名前はキム・ジョンスク。 フランスの親が出生記録に韓国で受けた書類に記入されていた名前を残しておいたため、本来の名前を知ったという。 7歳年下の妹も韓国からの養子だ。 ペルラン氏はフランスに渡った後、韓国に行ったことはない。 韓国語は全く話せない。

  ペルラン氏は最近、韓国メディアのインタビューで「私は外貌は東洋人だが、考え方や行動様式はフランス人」と述べた。 自分が養子だという事実については「捨てられた子という事実が私を苦しめたが、養子という幸運を得たという点を不幸中の幸いだと考えて生きてきた」と語った。

  ペルラン氏は成績が優秀だった。 普通の生徒より2年早くバカロレア(フランス大学入試)に合格し、グランゼコール(卒業後に修士が認められる高級大学)のESSECとパリ政治大学を経て、フランス官僚の産室である国立行政学校(ENA)を卒業した。 その後、ENAでの成績が最上位圏の卒業者だけが行く監査院で文化・視聴覚・メディア分野を担当した。

  政界への進出は2002年、リオネル・ジョスパン社会党大統領選挙候補陣営の演説文作成者として参加したのが始まりだ。 07年の大統領選当時も、オランド大統領の同居人だったロワイヤル社会党候補を支援した。 ペルラン氏は最近までフランス女性エリート政治家からなる「21世紀クラブ」の会長を務めていた。 ペルラン氏は周囲から言われる「女性」「若さ」「多様性」などの言葉を好まないが、こうした側面が入閣に幸運をもたらしたという点は否定しない。 中小企業・革新・デジタル経済分野を引き受けたペルラン氏は「韓国を訪問して超高速通信網と技術革新システムを視察し、両国の協力案を模索したい」という意向を明らかにした。

  ペルラン氏とともに閣僚候補として話題になった同じ韓国系の養子出身男性ジャン・バンサン・プラセ緑の党上院議員(44)は含まれなかった。 しかし来月の総選挙後の内閣改造で入閣する可能性は残っている。 オランド大統領は内閣の半分を女性にするという大統領選挙公約を守った。

  ◇オランド外務担当相に中国通=オランド大統領は外務担当相に中国語を話す‘中国通’ポール・ジャンオルティズ外務省アジア・太平洋局長を抜てきし、外交路線の変化を示唆した。 サルコジ大統領の外務補佐官は米国大使出身の‘米国通’だった。 外奎章閣図書返還交渉のフランス側の責任者として昨年、図書貸与合意文に署名したジャンオルティズ氏は韓国とも縁が深い。

  ◇フルール・ペルラン氏

  1973年ソウル生まれ、6カ月後に養子縁組でフランスへ

  1994年グランゼコールESSEC卒業

  1996年パリ政治大学卒業

  1999年フランス監査院検査官に任官

  2000年国立行政学校卒業

  2001-2006年国連監査官歴任

  2002年リオネル・ジョスパン大統領選挙候補陣営に合流して政治入門

  2010-2012年女性エリート政治家「21世紀クラブ」会長
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連キーワード