空手に追われるテコンドー…東京五輪で「マーシャルアーツ」ビッグ2対決(1)

空手に追われるテコンドー…東京五輪で「マーシャルアーツ」ビッグ2対決(1)

2017年06月20日09時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
(上)リオ五輪期間中にテコンドーの看板スターであるイ・テフン(左)のプレー中の姿(写真=世界テコンドー連盟)。(下)空手女子国家代表アン・テウン(上)とイム・ミソンが空手の得点場面を試演している。
  2020年、東京の空に2つの太陽が浮かび上がる。オリンピックの舞台では決して会うことがなさそうだった2種目、テコンドーと空手。正式競技として並んで2020年の東京五輪でプライドをかけた競争を繰り広げる。マーシャルアーツ(武器を使わない東洋武術の通称)のグローバル2大山脈と指折り数えられる種目であるだけに、五輪の舞台で激しい競争は避けられない。2013年に五輪の中核競技の地位を得たテコンドーは4年ぶりに類似種目である空手の挑戦を受ける境遇になった。

  国際オリンピック委員会(IOC)は昨年8月、ブラジルのリオデジャネイロで開かれた第129回総会で、▼野球・ソフトボール▼サーフィン▼スケートボード▼スポーツクライミングとともに空手を2020年東京五輪に限り正式競技として承認した。一時的ではあるが大会組織委員会と日本政府の長期にわたる水面下の努力が実を結んだ瞬間だった。IOCは進行方式と規則が類似した種目群の場合、そのうち代表性を持つ1種目だけを五輪に導入する。テコンドーはこれまで類似種目である空手や武術などを押さえ五輪で独占的な地位を享受してきた。

  日本政府と日本オリンピック委員会(JOC)は空手が五輪の舞台で印象的なデビュー戦を行えるよう総力戦を上げている。東京五輪でテコンドーを一般多目的体育館に割り当てたのと違い空手は全競技を武道館で行うことにした。武道館は相撲や柔道など日本人が国技とする種目の競技場所として特別な意味を持つ空間だ。武道館で満員の観衆の熱い応援の中で空手の競技を行いIOCにアピールするというのが日本側の戦略だ。

  空手関係者らは2020年に続き2024年の五輪にも空手が残留すると期待している。2024年の五輪開催権をめぐり競争しているフランスのパリと米国のロサンゼルスがともに空手普及率が高い都市であるためだ。テコンドーは五輪の中核競技だが、2024年五輪に先立ち再評価作業を経なければならない。2024年にもテコンドーと空手が五輪の舞台で競争する可能性は大きい。

  ◆世界で1億人ずつの競技人口、パートナーでありライバル

  テコンドーと空手は韓日両国の歴史的・文化的特徴に沿って進化した。空手は沖縄地方の護身用伝統武術である「沖縄手」を基盤に作られた。テコンドーは手搏・拳法・テッキョンなど韓民族の歴史とともに成長した素手武芸の精神と動作を基盤に誕生した。これと関連し世界テコンドー連盟(WTF)のヤン・ジンバン事務局長は、「2種目とも拳と足を一緒に使うが、技術を整えていく過程でテコンドーは蹴り、空手は拳での攻撃を中心に進化し特徴が変わった」と話す。世界に1億人ずつの競技人口を持つ2種目は国際舞台で東洋武道の優秀性をアピールするパートナーでありライバル関係だ。

空手に追われるテコンドー…東京五輪で「マーシャルアーツ」ビッグ2対決(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事