【噴水台】韓国のグリーンベルト受難史

【噴水台】韓国のグリーンベルト受難史

2018年09月19日15時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  机には朴正熙(パク・ジョンヒ)大統領が描いた首都圏道路網のスケッチが置かれていた。朴大統領はスケッチの上に丸い帯を描きながら、建設部国土計画総合担当官に話した。「グリーンベルトがあるだろう、グリーンベルト。このように一度ぐるっと設けてほしい」。英国のグリーンベルトに関する報告を受け、韓国にも設定することを指示したのだ。1971年6月のことだった。グリーンベルト(開発制限区域)はこのように誕生した。最初のグリーンベルトが設定された時、主務部処だった建設部の太完善(テ・ワンソン)長官も相続したソウル南泰嶺(ナムテリョン)近隣の林野5000坪が開発制限に入ったが、何も言えなかったという。

  グリーンベルトは77年まで8回にわたり全国に計5397平方キロメートルが指定された。現在のソウル面積の約9倍だ。その後、20年間ほどは少しも縮小されなかった。とはいえ全く手が付けられなかったわけではない。住宅の増改築を認め、学校・図書館・町役場を建設できるようにするなど規制が徐々に緩和された。選挙を控えた時期に見られる現象だった。

  規制緩和でなく指定解除を初めてしたのは金大中(キム・デジュン)政権に入ってからだった。2000年に京畿道(キョンギド)始華(シファ)工業団地と慶尚南道(キョンサンナムド)昌原(チャンウォン)工業団地造成のために11平方キロメートルを解除したのが始まりだった。続いて「国民の財産権を保護し、保存価値がないところは解除する」という名目の下、2001年から3年間にグリーンベルト1256平方キロメートルが消えた。李明博(イ・ミョンバク)政権はソウルの住居価格上昇を抑えるとし、江南(カンナム)・瑞草(ソチョ)などでグリーンベルトを解除してマンションを建設した。

  韓国の事例を見たからだろうか。韓国のグリーンベルトのモデルになった英国でも一時、開発をめぐる論争があった。「土地が不足しているので住居価格が上がる」とし、ロンドンのグリーンベルトの一部に住宅を建設しようという主張が出てきた。10年間に不動産価格がほぼ2倍になったため提起された住居価格安定対策だった。しかしロンドンは保全を選択した。昨年末に発表した中長期都市計画草案で「グリーンベルトと緑地保全政策をさらに強化する」と明らかにした。

  韓国でグリーンベルトは今まで約30%がなくなり、3854平方キロメートルだけが残っている。ソウルは全体の面積の4分の1がグリーンベルトだ。これをめぐり政府とソウル市がもめている。政府は住宅を建設して不動産価格を安定させるとしてソウル市にグリーンベルト解除を要請したが、ソウル市は「未来の世代に譲る遺産」と言って拒否している。

  政府とソウル市のグリーンベルト対立は李明博政権当時もあった。江南・瑞草グリーンベルト開発が確定する直前の2008年、国政監査で当時の呉世勲(オ・セフン)ソウル市長は「グリーンベルトを解除して住宅を建設するのは望ましくない」と主張した。果たして朴元淳(パク・ウォンスン)市長はどんな決定を出すだろうか。

  クォン・ヒョクジュ/論説委員
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事