墜落アシアナ機の機長 巨額の保険に加入

墜落アシアナ機の機長 巨額の保険に加入

2011年07月30日09時23分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  28日に済州(チェジュ)沖に墜落したアシアナ航空貨物機の操縦士のうち1人が、事故の1カ月前から巨額保険に加入していたことが確認され、金融当局が事実確認調査を始めたと、韓国の毎日経済が報じた。

  29日の保険業界によると、金融監督院は外部の情報提供を受けて墜落した貨物機の機長Aの保険加入に関する書類を受けた後、警察に調査を依頼した。

  金融監督院によると、A機長は事故が発生するわずか1カ月前の6月の1カ月間、保険4社の7つの保険商品に加入した。加入した保険は2つの終身保険と5つの障害保険・医療保険。

  保険業界の関係者は「A機長の場合、一般死亡と認められる場合は27億ウォン(約2億円)、災害死亡という結論が出れば最大32億ウォンの保険金を受けられる」と説明した。

  航空機墜落事故など事件・事故によって被保険者が死亡する災害死亡の場合、一般死亡保険金に加えて災害死亡保険金までが支払われるため、保険金がさらに大きくなる。

  警察関係者は「ブラックボックスを通した調査が終わるまでは死亡原因について予断できない」と性急な判断を警戒した。

  この事故機は28日未明、仁川(インチョン)国際空港を出発し、中国上海の浦東空港に向かう途中、済州の西129キロの海上に墜落、一部の残骸が発見されている。操縦士2人は見つかっていない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事