【コラム】アップル、なぜ中国で特許訴訟をしないのか=韓国

【コラム】アップル、なぜ中国で特許訴訟をしないのか=韓国

2013年02月11日17時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アップルは世界最大スマートフォン市場に浮上した中国で唯一、特許訴訟を起こしていない。一部の人は、中国での特許訴訟は外国企業に絶対的に不利なためだと考える。アップルが中国での特許訴訟で得られる利益は大きくない、と話す人もいる。しかし詳しく見ると、両主張とも根拠は薄い。

  筆者はアップルが中国で訴訟を起こさない決定的な理由は別にあるとみている。中国でアップルの特許は競争相手を攻撃できるほど十分でないからだ。アップルは2012年12月16日基準で、これまでの実用新案とデザイン特許を含め、計1247件の特許を中国に出願している。この特許出願件数はアップルという企業の名声に比べて非常に少ない。例えば、アップルの最大のライバルであるサムスン電子は2011年のわずか1年間に1219件の特許を中国に出願した。サムスン電子の1年間の特許出願件数はアップルの全体特許出願件数とほぼ同じだ。

  アップルが米国の特許訴訟で実際に使った特許を見ると状況はさらに深刻だ。アップルが中国に出願した1247件の特許のうち、審査を通じて有効に登録された発明特許は現在90件にすぎない。また90件のうちアップルが米国裁判所で使った発明特許はわずか1件だ。アップルは韓国で侵害を主張した発明特許のうち、2件の特許について中国で特許権を取得した。しかしこの特許は韓国ですべて非侵害判断を受けたものだ。結論的に、アップルは他社の特許を買い取って特許侵害を主張する方法以外に、中国で特許訴訟を起こせない状況だ。

  イ・ギソン高麗国際特許法律事務所弁理士
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事