韓進グループ会長の葬儀、実弟や政財界関係者の弔問続く

韓進グループ会長の葬儀、実弟や政財界関係者の弔問続く

2019年04月14日12時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ソウル・新村(シンチョン)のセブランス病院に設けられた韓進(ハンジン)グループ趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の葬礼式場に韓国政財界の主要関係者の弔問が続いている。

  13日に李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長と潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長、金升淵(キム・スンヨン)ハンファグループ会長らが訪れた。葬儀初日に姿を見せなかった趙会長の弟の趙正鎬(チョ・ジョンホ)メリッツ金融ホールディングス会長もこの日弔問に訪れた。

  入棺式はこの日午前11時30分に喪主である趙源泰(チョ・ウォンテ)大韓航空社長と長女の趙顕娥(チョ・ヒョナ)元大韓航空副社長、二女の趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)元大韓航空専務が参加する中で行われた。遺族らは1時間ほどの入棺式を終え沈痛な面持ちで葬礼式場に向かった。長男の趙社長と長女の趙元副社長は頭を下げたまま歩いていった。趙会長夫人のイ・ミョンヒ氏は前日に続きこの日も姿を見せなかった。

  これに先立ち葬礼式場は12日に設けられた。鄭夢準(チョン・モンジュン)峨山(アサン)財団理事長が最初に葬礼式場を訪れた。次いで朴容晩(パク・ヨンマン)大韓商工会議所会長、崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長、李在賢(イ・ジェヒョン)CJグループ会長、黄昌圭(ファン・チャンギュ)KT会長ら財界要人と青瓦台(チョンワデ、大統領府)の金秀顕(キム・スヒョン)政策室長、尹ジョン源(ユン・ジョンウォン)経済首席秘書官、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長、朴映宣(パク・ヨンソン)中小ベンチャー企業部長官、崔鍾球(チェ・ジョング)金融委員長、黄教安(ファン・ギョアン)自由韓国党代表、羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)自由韓国党院内代表、金聖泰(キム・ソンテ)自由韓国党議員、朴順序(パク・スンジャ)国土交通委員会委員長など政界関係者が弔問を終えた。

  趙会長の葬儀は韓進グループ葬として5日間にわたり行われ、出棺は16日午前6時に行われる。埋葬地は京畿道竜仁(キョンギド・ヨンイン)にある先祖代々の墓地だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事