休戦ライン付近で訓練したF-35Bステルス機…北朝鮮は沈黙

休戦ライン付近で訓練したF-35Bステルス機…北朝鮮は沈黙

2017年03月27日13時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国の最新鋭ステルス戦闘機F-35BライトニングIIが韓半島(朝鮮半島)をいつの間にか飛行していった。

  在韓米軍によると、米海兵隊所属のF-35B戦闘機は20-23日、韓米海兵隊連合訓練「KMEP」に参加した。F-35機種の初の韓半島展開だった。この戦闘機は米国が北朝鮮の挑発に対抗するために1月に山口県岩国米海兵航空基地に配備した。米海軍の空母「カールビンソン」(CVN-70)と強襲揚陸艦「ボノムリシャール」 (LHD-6)から離陸したF-35B編隊は、江原道(カンウォンド)太白(テベク)必勝射撃場で精密誘導爆弾の合同直撃弾(JDAM)と精密誘導爆弾(SDB)の模擬弾を投下した。ブルックス韓米連合司令官兼在韓米軍司令官は「F-35Bの韓半島展開は米国が韓米同盟を支援するためにどれほど献身しているかをよく表す例」と説明した。

  在韓米軍は訓練終了から2日が過ぎた25日、F-35Bを韓半島に展開したことを知らせた。軍の関係者は「F-35Bが休戦ラインから近い太白で訓練する間、北では特に対応の行動が観測されなかった」とし「北がF-35B探知に失敗したとみられる」と述べた。続いて「F-35Bが韓国の領空で敵味方識別装置(IFF)をつけたため飛行経路が分かったが、もし消していれば我々も探知できたか断言できない」と話した。

  北朝鮮は最近、遅れた防空網を近代化しようと努力している。最高指揮部と核・ミサイルなど大量破壊兵器(WMD)施設に対する米軍の精密打撃を恐れているからだ。

  昨年4月に試験発射に成功した地対空ミサイルKN-06のレーダーはXバンドレーダーで、ロシアの新型レーダーを真似て製造したものと、情報当局は推定している。KN-06は北朝鮮のパトリオットミサイルと呼ばれる。海外の最新技術を導入して持続的にレーダーの性能改良をしているという意味だ。しかし集中投資にもかかわらず、北朝鮮はステルス探知の妙案を見いだせていないとみられる。F-35は形状・材質・レーダー吸収塗装などのステルス技術でレーダー反射断面積(RCS)を最大限に減らしたため、北朝鮮軍のレーダーにはゴルフボールの大きさに見えるという。F-35は2015年に配備され始めた米国のステルス戦闘機、F-35Bは米海兵隊のために垂直離着陸機能を加えた機種だ。韓国空軍は来年から40機のF-35Aを導入する。F-35Aは一般滑走路離着陸用として設計された。

  ◆先制打撃に言及した北朝鮮

  北朝鮮は26日、韓米連合訓練特殊作戦訓練に対する反発で先制打撃に言及した。北朝鮮は「人民軍総参謀部報道官の警告」を通じて、「米帝と傀儡軍部好戦者たちの『特殊作戦』悪巧みが明白になり、非常に危険な先制打撃計画まで表れた以上、我々の先制的な特殊作戦ですべての策動を無慈悲に踏みつぶすという立場を布告する」と述べた。北朝鮮は今回の訓練が「米国大統領の直接的な指示に基づくものだ」とし、トランプ米大統領も間接的に非難した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事