労使問題に足とられた現代車、第2四半期の営業利益5.2%減

労使問題に足とられた現代車、第2四半期の営業利益5.2%減

2013年07月26日11時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  #1=現代(ヒョンデ)自動車は、第2四半期の営業利益(2兆4065億ウォン、約2144億円)が昨年の第2四半期よりも1316億ウォン(5.2%)減ったと25日明らかにした。上半期全体では3556億ウォン(マイナス7.7%)減少した。韓国内の販売不振、労働組合の週末特別勤務拒否などが影響を及ぼした。今後も問題だ。イ・ウォニ現代車財経本部長は「世界市場の需要展望値を年初予想よりもさらに低くした」と話した。

  #2=現代車労組は24日の賃金交渉に関連し、「(使用側の提案が)組合員の期待に達しなければ交渉には執着しない」として「闘争で突破する」と明らかにした。その一方、過去にストライキを体験した双龍(サンヨン)自動車は25日、4年連続でストライキなしの賃金協定を終えた。その理由として双龍車社長は「労組の協力で会社正常化の基盤が固められている」と話した。

  現代車がさらに多く売っても利益は減る状況に陥っている。第2四半期の売り上げは前年同期費5.7%増だが、営業利益は5.2%減少した。これさえも韓国内の不振を海外で挽回しながら守った結果だ。現代車関係者は「営業利益の減少は現代車の強みが消えているという意味」と話した。

  現代車は今まで収益性だけはほかの企業を圧倒してきた。昨年の現代車の営業利益率は10%だった。100ウォン分売れば10ウォン分残るいうことだ。GMはこの比率が4.7%、トヨタは3.5%、フォルクスワーゲンは5.7%だ。しかし昨年第4四半期と今年第1四半期の現代車営業利益率は8%台に落ちた。

  第2四半期には二桁(10.4%)をやっと回復したが、現代車の心配は大きい。顧客の目の高さが上がりながら“価格は大衆車、品質はプレミアム級”の車をつくり出さなければならない課題を抱えているためだ。現代車関係者は「今まで行ってきたモジュール化などの生産方式の革新だけでは収益を高めにくい状況になっている」として「労働生産性の拡大、労使対立の損失最小化の重要性がいつにもまして大きくなった」と話した。

  しかし9月に執行部選挙を控えた現代車労組は、臨時団体協議で強硬な方針を曲げないままだ。一方で生産性は低い。現代車で車1台を組み立てるのにかかる時間は平均30.7時間だ。日産は18.7時間、フォードは20.6時間だ。現代車内でも韓国内工場の人材運用効率性(編成効率)は海外工場の60%水準だ。

  その一方、韓国自動車産業の時間あたりの平均賃金は34.8ドルで日本(37ドル)、米国(38ドル)に接近した。韓南(ハンナム)大学経営学科のヒョン・ヨンソク教授は「円満な労使関係に韓国自動車産業の死活が関わっている」として「一方的な要求ではない、互いにやりとりする労使関係が形成されなければならない」と指摘した。

  これに対してクォン・オイル現代車労組対外協力室長は「全てを労働者のせいにしてはいけない」として「週末特別勤務は、拒否したのでなく代替人材運用についての労使協議が行われなかったため」と話した。

  一方、現代車はこの日職員が10人の小規模広告会社であるクリエーティブエアー(業界40位)に80億ウォン規模のグループイメージ広告を発注した。仕事を配分するために資格制限なしで完全競争入札をした結果だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事