俳優キム・ジョンテ、肝臓癌でドラマ『皇后の品格』から降板

俳優キム・ジョンテ、肝臓癌でドラマ『皇后の品格』から降板

2018年10月22日15時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優キム・ジョンテ(写真=中央フォト)
  俳優キム・ジョンテが肝臓癌の闘病のためにドラマ『皇后の品格』から降板する。

  キム・ジョンテが肝臓癌の判定を受けて闘病のために撮影中だったSBSドラマ『皇后の品格』から降板すると所属事務所ザ・クィーンAMCが19日、明らかにした。

  キム・ジョンテはこの前、病名を確認して作品から降板するという意思を明らかにしたことが分かった。

  所属事務所関係者は「キム・ジョンテが肝臓癌の発病後に肝硬変も進み、製作スタッフの配慮で作品から降板することになった。当分入院して治療に専念することにした」と伝えた。ドラマ製作スタッフはキム・ジョンテの分量を再撮影すると発表した。

  キム・ジョンテは1999年、映画『イ・ジェスの乱』でデビューし、映画とドラマに出演しながら『スーパーマンが帰ってきた』などバラエティ番組にまで多方面で活動した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事