<平昌五輪>ボランティア、外国人62カ国1090人…米国人が最多

<平昌五輪>ボランティア、外国人62カ国1090人…米国人が最多

2018年01月09日15時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)のボランティアは計2万4449人だ。五輪とパラリンピックにそれぞれ1万7162人と7287人が参加する。両大会に全部参加するボランティアも6102人にもなる。

  平昌五輪組織委員会は2015年7月からボランティアの募集を始めて昨年4月最終選抜した。平均競争率は約4対1だった。女性が全体の70.5%(1万2935人)で10人中7人の割合だ。通訳など外国語能力が必要な分野に女性たちが積極的に支援した。

  年齢別では20代以下が83.3%(1万5283人)と最も多い。最年少ボランティアは通訳を担当するカン・ミン君(16)だ。最高齢ボランティアは1960年スコーバレー冬季五輪に韓国最初スキー代表として参加したイム・ギョンスンさん(88)だ。

  地域別では開催地の江原道(カンウォンド)出身が2862人で最も多い。江陵(カンヌン、1507人)、旌善(チョンソン、150人)、平昌(81人)、その他(1124人)の順だ。都市別ではソウル出身が6602人(38.3%)と最も多い。

  外国人ボランティアもいる。62カ国から1090人が参加したが、米国人が23.7%(258人)と最も多い。カナダ(128人)、ロシア(127人)、日本(116人)が後に続く。メキシコ(11人)とインド(9人)出身もいる。

  ボランティアは開催地の平昌・江陵をはじめとして仁川(インチョン)空港などにも配置される。宿泊支援業務を担当するボランティアが2日から初めての公式業務を遂行した。また、観衆案内・通訳など17職種がある。職務別には観衆案内(7214人)、交通案内(3785人)、宿泊支援業務(1618人)、人材管理(1535人)の順で人員が多い。

  五輪のボランティアは別途の給与や手当てを受けない。代わりに、宿泊を提供し、公共交通料金20%割引のサービスを受ける。記念時計とユニフォームも支給される。ボランティアが事前予告なしに参加しなくてもペナルティはない。

  1988年ソウル五輪当時は2万7000人のボランティアが参加した。2016年リオデジャネイロ五輪当時はブラジルのボランティアが大勢離脱して国際的に恥をかいた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事