【中央時評】文在寅は韓国のファビウスになるだろうか(1)

【中央時評】文在寅は韓国のファビウスになるだろうか(1)

2017年12月08日15時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅は韓国のファビウスになるだろうか
  この土地で第2の朝鮮戦争は絶対にあってはならない。それは21世紀人類最悪の殺戮と惨状を招くことは言うまでもない。核と大陸間弾道ミサイル(ICBM)のない平和は長くかかっても必ず目指すべき道だ。我々は世界対立の中心である韓国を必ず世界平和の中心に変えなければならない。

  北朝鮮はもう当分世界安保を揺るがすグローバルプレーヤーになり、核とICBMを同時に持つ世界軍事強国に転変した。韓国の最も不安な現実であり、最も不都合な真実だ。社会主義の解体、国際孤立、金日成(キム・イルソン)・金正日(キム・ジョンイル)の死亡、苦難の行軍、体制崩壊の危機、吸収統一談論、制裁と封鎖の四半世紀を段階的・根本的に逆転させた劇的な逆転換に成功したわけだ。核とICBMを通じて韓国の張力と掌中から確実な離脱と脱出に成功した。

  しかし、北核とICBMは必ず解決される必要がある。それは常に存在する核戦争の恐怖、韓国安保の恒久的対外依存、戦争危機と永久分断の長期並存、北東アジア領域内で韓国だけが軍事的小国である状況が続くことをもたらすためだ。今からどうすれば良いだろうか。カルタゴの将軍、ハンニバルから絶体絶命の危機に陥ったローマを救った「クンクタートル(のろま)」と言われるファビウス(Quintus Fabius Maximus Verrucosus)の大知恵と大戦略に道がある。彼の名前は極端主義、左右急進主義、敗北主義、単級主義に対抗してアウグストゥス以来、米ジョージ・ワシントンに至るまで巨視的・微視的極端の状況で戦争の勝利および滅亡の危機を乗り越え、ついに平和と繁栄、変革と勝利を創り出した大逆転と大成功の偉大な道だった。

  彼は当代大衆の人気と拍手の代わりに非難を押し切って国家の安寧と平和を重視した。ファビウスの知恵と戦略の「矛盾的核心」である「ゆっくり急げ(Festina Lente:More haste,Less speed/Make Haste Slowly)」は長らく皇帝アウグストゥス(金貨にまで献呈されたことがある)をはじめ、ティトゥス、コジモ・デ・メディチ、メディチ家の金科玉条だった。

  この「漸進的急進主義」「急進的漸進主義」は人類の偉大な賢人、すなわちルネサンス時代のエラスムス、シェイクスピア、ゲーテにも受け入れられた。エラスムスはファビウスの格言「ゆっくり急げ」が帝王に特に重要だと強調する。ゲーテはフランス革命以来、急進的目標第一主義が蔓延する時、アウグストゥスを言及して「もうゆっくり急ごう」と助言する。

【中央時評】文在寅は韓国のファビウスになるだろうか(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事