韓国に対する輸入規制、最も多い国は米国

韓国に対する輸入規制、最も多い国は米国

2018年02月06日13時09分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国ポスコ光陽製鉄所の高炉
  韓国で生産された製品を輸入する際、最も規制が多い国は米国であることが分かった。

  韓国貿易協会の「輸入規制月間動向」によると、5日を基準で韓国対象の輸入規制件数は計196件だった。このうち米国が40件で最も多く、インドが29件、中国とトルコがそれぞれ14件で後に続いた。

  米国の韓国製品輸入規制は鉄鋼・金属が最多の28件で、次いで電機・電子(5件)、化学製品(3件)、繊維類(3件)などの順だった。

  韓国貿易協会は米国の対韓国輸入規制が多い理由について、韓国の産業構造が中国と似ているためだと分析した。中国を狙った米国の輸入規制に韓国が共に露出するケースが多いということだ。

  貿易協会は「今年もトランプ政権の保護貿易主義は続くと予想される」とし「規制のレベルが強まり、適用対象も拡大する可能性がある」と分析した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事