「“日帝残滓”の制服、これからは韓国美まとったものを」

「“日帝残滓”の制服、これからは韓国美まとったものを」

2016年11月04日08時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
キム・イェジンさんは「生徒たちの心の中に韓服に対する自負心を芽生えさせたかった」と話した。
  先月31日、江原道横城郡(カンウォンド・フェンソングン)の民族史観高等学校講堂。チョゴリ(韓服の上衣)・チマ(巻きスカート)からトゥルマギ(韓国外套)までさまざまな韓服の制服51点が展示されていた。休み時間を利用して講堂にやって来た生徒たちは、服を触ったり試着したりした後、自分が気に入ったサンプルに票を入れた。

  この日の行事は同校が開校20年で初めて韓服の制服のデザインを変更するために設けられた展示会だった。「着映えがするように体の形に沿わせてデザインしたところ、女子生徒に特に人気のようですね」。

  新しい制服のサンプルをデザインした韓服の名匠、キム・イェジンさん(51)が生徒たちの反応を見てそう話した。キムさんは金大中(キム・デジュン)元大統領夫妻のノーベル平和賞受賞記念衣装をはじめ、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領や潘基文(パン・ギムン)国連事務総長、クリントン元米国大統領夫妻、映画俳優アンソニー・クインさんやニコラス・ケイジさん、野球選手の李承ヨプ(イ・スンヨプ)さんら国内外の有名人の韓服をデザインした韓服の名匠だ。昨年は大韓民国の新知識人にも選ばれた。そのようなキムさんが制服をデザインすることになったのはことし3月、古い常連からかかってきた1通の電話のためだ。

  「子供が民族史観高等学校の生徒なのだが、今回学校で制服のデザインを変更するとのことでぜひ力を借りたい、との要請を受けました」。

  キムさんは「誰しも一番よく思い出すのが高校時代ではないだろうか」とし「生徒たちの心の中に韓国の衣装に対する自負心を芽生えさせたかった」と話した。

  20年以上も韓服を手がけてきたキムさんにとっても韓服制服は新しい挑戦だった。キムさんはソウルと横城を数回行き来しながら、生徒や保護者、教師たちに会って意見を聞きながらデザインを研究した。「『ダサい』『温かくない』『不便』という不満が多かったです。それで、特別な行事の時に着る制服は韓服の伝統美を生かしつつ、生活服は洗濯機に回しても3年間ずっと着れるくらい実用的で楽に活動できるようデザインをアップグレードしました」。

  キムさんは「時間に追われていたため、予定されていた香港ファッションショーもキャンセルして衣装の製作だけに没頭した」と話した。キムさんがデザインした制服は、生徒や保護者の意見を取りまとめた後、来年から適用される予定だ。キムさんは「他校でも制服を韓服のデザインに変えたいという問い合わせが入ってきている」とし「日帝時代の文化の残滓として残っている制服デザインを韓国的なものに変える仕事はこの先も続けていきたい」と話した。

  大学で洋装デザインを勉強したキムさんが韓服に方向転換したのも、1980年代後半、英国ロンドンの高級百貨店「ハロッズ」に展示されていた着物を目にしてからだ。キムさんは「外国では中国の旗袍(チャイナドレス)や日本の着物に比べて韓服の美しさがまだあまり知られていない」と残念そうな表情を浮かべた。

  「色を重ねて“咲かせる”韓服特有の美しさは西洋のドレスとは違った新鮮な印象を与えます。ファーストレディー時代にお作りした韓服ドレスを受け取ったヒラリー氏も韓服のデザインが美しいと言って感嘆していました」

  キムさんは近く中国広州に韓服体験館を作るなど、世界に韓服の美を広く伝えていこうとしている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • キム・イェジンさんは「生徒たちの心の中に韓服に対する自負心を芽生えさせたかった」と話した。
  • キム・イェジンさんが作った韓服を着た映画俳優ニコラス・ケイジさん。右側は民族史観高等学校の新しい制服のサンプル。