青瓦台「政府、いかなる状況でも米朝交渉再開ために努力する」

青瓦台「政府、いかなる状況でも米朝交渉再開ために努力する」

2019年03月15日16時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  青瓦台(チョンワデ、大統領府)は15日、北朝鮮側が米国との非核化交渉中断を考慮していると明らかにしたことに関連し、いかなる状況でも米朝間の交渉再開のために努力するという立場を明らかにした。尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席はこの日午後「いかなる状況でも我が政府は朝米(米朝)交渉再開のために努力する」と強調した。

  これに先立ち、ハン・ジョンウ青瓦台副報道官も、この日記者団にSMSメッセージを送信し、「崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官の発言だけで現状況を判断することはできない」とし「状況を綿密に注目している」と明らかにした。これに先立ち、崔氏はこの日、平壌(ピョンヤン)で記者会見を行って「北朝鮮はどんな形であれ、米国の要求に譲歩するつもりはない」と明らかにしたとロシアのタス通信が報じた。崔氏はまた「我々は米国要求に屈するつもりはないし、そのような交渉に入るつもりはない」と明らかにした。

  続いて「米国は自分たちの政治的利益を追求することで忙しく、成果を出す本当の意図がなかった」とし、会談の決裂の責任を米国に転嫁した。あわせて「マイク・ポンペオ米国務長官とジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が敵対感と不信を造成し、朝米最高指導者間の交渉のための建設的な努力を妨害し、その結果、首脳会談はこれといった成果なく終わった」と批判した。

  崔氏は「米国は先月ハノイ首脳会談で黄金のような機会をふいにした」としながら「北朝鮮は米国との交渉を継続するのか、ミサイル発射中断を維持するのかなどを間もなく決定する」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事