【社説】米朝会談で「完全な非核化」ビッグディールを期待する

【社説】米朝会談で「完全な非核化」ビッグディールを期待する

2018年05月12日13時11分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の大談判が6月12日にシンガポールで行われる。談判の議題は明白だ。「完全な非核化」に合意し、このための具体的なロードマップを用意することだ。すでに文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正恩国務委員長は4・27南北首脳会談で完全な非核化を通じて「核のない韓半島」を実現するという内容の板門店(パンムンジョム)宣言をしている。今回のシンガポール米朝首脳会談では完全非核化という終着駅にいつまでにどのように到着するのかという下絵を完成させなければいけない。

  「条件付き非核化」が議論の開始であっただけに、北朝鮮体制の保証に対する南・北・米間の調整の結果も具体的に盛り込むことになるだろう。韓半島(朝鮮半島)の運命を変える終戦宣言および平和協定、米朝関係の正常化、対北朝鮮経済支援などに関する「ビッグディール」の結果まで一度に出てくる可能性もある。「世紀的」と評価される今回の会談を控え、米朝は楽観的かつ融和的なメッセージを出している。トランプ大統領は10日(現地時間)、記者らに「首脳会談は大成功になるだろう」とし「(北朝鮮と)ここまで来たことはなかった。私の最も誇れる業績は我々が『全韓半島を非核化』する時になるだろう」と述べた。トランプ大統領はツイッターで首脳会談の日程と場所を公開し、「双方が会談を世界平和のための非常に特別な瞬間にする」とコメントした。北朝鮮も似たメッセージを出した。金委員長は9日、ポンペオ米国務長官と90分間の会談をした後、「満足できる合意があった」と述べた。

  当初、金委員長が電撃的に訪中して「段階的で同時的な(見返り)措置」に言及し、米国側からは「短期間の完全な一括廃棄」を要求する声が出ると、交渉の決裂も懸念されたが、金委員長とポンペオ長官が会った後は雰囲気が大きく変わった。首脳会談を控えた金正恩委員長-ポンペオ長官間の事前調整で相当な意見の調整があったと考えられる。ただ、米国の「一括廃棄論」と北朝鮮の「段階的・同時的措置論」の間にどんな接点があったかはまだ具体的に知られていない。しかしポンペオ長官の訪朝後、米ホワイトハウスは「永久的で検証可能かつ不可逆的な非核化」(PVID)概念の代わりに「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」(CVID)概念に会談の目標をやや下方修正した。それだけに北朝鮮も段階を大幅に減らした非核化履行の時刻表を米側に提示したのではという分析が出ている。

  トランプ大統領が「北朝鮮非核化」の代わりに「全体韓半島非核化」という表現を使っている点も注目される部分だ。

  北朝鮮は1991年10月2-25日に平壌(ピョンヤン)で開催された第4回南北高官級会談で「朝鮮半島非核地帯化」のための具体的な要求をした。▼核兵器搭載が可能な飛行機・艦船の韓半島出入り・通過・訪問禁止▼核の傘を保障する条約と核兵器の貯蔵・配備禁止▼核兵器が動員される軍事訓練の禁止--などだ。

  韓半島非核化に米朝が合意する場合、韓米連合訓練時に米国は核兵器を搭載できる戦略資産の韓半島展開を中断する可能性がある。北朝鮮が「核の傘禁止」まで要求するかはまだ未知数だ。米朝首脳会談は必ず成功しなければいけない。しかし我々の安保に対する不安要因として作用する部分はないか徹底的に点検し、我々の安保利益は必ず守らなければならない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事