自転車で米国を横断しながら「独島は韓国の領土」を叫ぶ大学生

自転車で米国を横断しながら「独島は韓国の領土」を叫ぶ大学生

2018年09月19日14時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
自転車で米国を横断しながら「独島は韓国の領土」を叫ぶ大学生
  「独島(ドクト、日本名・竹島)が大韓民国の美しい島であることを他の国にまで広く知らしめたかったです。自転車に乗って独島を広報する私たちに自動車の窓を開いて頑張れと声をかけてくださる方々を見て、言葉では言い表せない感動を感じました」

  国民大学新素材工学部3年キル・テジンさんの独島に対する愛情と関心が海外にまで広がって話題になっている。キル・テジンさんはイ・ギョンジュン、ハ・ウヨン〔中央(チュンアン)大〕さんと共に大韓民国独島協会の支援を受けて全世界に独島が大韓民国の領土であることを発信する広報プロジェクトを進めた。キル・テジンさんは6月28日から2カ月間、米シアトルからメキシコまで自転車に乗って60日間にかけて約3500キロメートルを縦断し、独島バッチ、独島カードなど直接製作した記念品と共に現地の人たちに独島の話を聞かせた。特に、今回のプロジェクトは学生たちの自発的な企画から始まったということからより注目を集める。

  理工系であるにもかかわらず、3人の学生は歴史に関心が多かった。彼らは歴史を勉強するうちに大衆にますます忘れられていく独島に対する関心を喚起することが何より重要だと感じた。ただ国内だけでなく、全世界が分かるべき問題だと判断し、彼らは米国で広報活動をすることを決心した。海外でさまざまな所を訪れ、2カ月間宿舎もなしに回るというのは一般の人々になかなか難しいことだったにもかかわらず、キル・テジンさんは「米国はキャンプ文化がとてもよく整えられており、行く所々に近隣のキャンプ場に寝袋を敷いて寝泊まりをした」として明るく笑った。

  特に、8月15日には米ロサンゼルスで開かれた光復節(解放記念日)行事に参加、独島の歴史について発表して現地の韓国人に大きな呼応を得た。彼らは「正しい歴史を学ぶことでできた知識が現在の大韓民国が持つ時代的・社会的問題を解決する原動力になるだろう」と強調した。

  キル・テジンさんは「独島は大韓民国の独立と主権の象徴なのでこれに対する関心が単発性で終わってはいけないと考える」として「海外で生じた独島に対する関心が国内にまで広がり、周辺の友達や先輩・後輩も多くの関心を持てるように独島広報活動を持続的に推進していきたい」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事