現代車「パリセード」、労使問題で追加増産できず納車8カ月待ち(2)

現代車「パリセード」、労使問題で追加増産できず納車8カ月待ち(2)

2019年05月14日10時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
現代車は「パリセード」米国発売を控え、防弾少年団をグローバル広報大使に選定した。(写真=現代車)
  柔軟でない生産構造も影響している。現代自動車団体協約は生産台数配分など組合員の雇用に影響を及ぼす事項を労使が共同で審議・議決すると規定している。

  追加増産が必要だが、労使の歩調が合わない。現代車使用者側は「最近蔚山(ウルサン)第2工場でもパリセードを共同生産することを労働組合に提案した」と主張する。現在、パリセードは「スターレックス」や「ポーター」と共に蔚山第4工場だけで生産している。ところが現代車蔚山第4工場労働組合の代議員がこれに同意していないという。蔚山第4工場だけでパリセードを生産すれば、今後、第4工場勤労者の残業・特別勤務が保障されるからだ。残業・特別勤務をするほど賃金も多く受けることができる。しかし蔚山第2工場との共同生産を受け入れる場合、後に物量が減少すれば追加の賃金保障機会を逃しかねない。

  一方、現代車労働組合は「パリセードの追加増産は米国政府の自動車関税賦課問題と米国現地販売・注文現況を総合的に確認した後に判断する事案」とし「あたかも労働組合の反対で追加増産が難しいかのように使用者側がメディアを利用している」と批判した。

  労使が対立する間、パリセード顧客は契約金を支払って納車を待っている。先月、現代車中型SUVサンタフェ購入契約を締結したキムさんは「国内でパリセードの代案として選択できる競争車種が少ない状況で、現代車が『買いたいのなら待て』という態度を見せている感じ」とし「個人的な事情のため半年以上も待つのは難しく、やむを得ず他の車を購入することにした」と語った。

現代車「パリセード」、労使問題で追加増産できず納車8カ月待ち(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事