朴槿恵政権、セウォル号事故当日の状況報告を操作

朴槿恵政権、セウォル号事故当日の状況報告を操作

2017年10月12日16時11分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
木浦新港に据え置かれたセウォル号船体。
  2014年4月、数百人の死亡者が発生したセウォル号沈没事故当時、朴槿恵(パク・クネ)政権が状況報告日誌を事後に操作したという内容が発表された。

  任鍾皙(イム・ジョンソク)大統領秘書室長は12日午後、春秋館で緊急記者会見を開き、「セウォル号事故当時、朴槿恵政権の青瓦台(チョンワデ・大統領府)がセウォル号の最初の状況報告時点を遅らせた」とし「最初の状況報告は9時30分だったが、後ほど10時に記録を変更した」と明らかにした。

  その背景について任秘書室長は「朴大統領の最初の認知時間を遅らせるためのものと見られる」としながら「有り得ないこと」と話した。

  朴前大統領は昨年、国会弾劾案に含まれた、いわゆる「セウォル号7時間」の疑惑について憲法裁判所に提出した答弁書などで「当日官邸で正常に勤めながら午前10時から計7回にわたって報告を受け、構造指示をした」と明らかにしたことがある。

  任秘書室長は事故処理の収拾と真相調査期間の間、国家安全保障会議(NSC)が自らの危機管理マニュアルを不法に変更したとも明らかにした。災難コントロールタワーを青瓦台国家安保室から行政安全部に国家危機管理指針を変えたということだ。林室長は「事後、大統領責任論が巻き起こると青瓦台が災難コントロールタワーではないように操作したもの」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事