「北が別の道行かないよう…」ビーガン氏が言及したその“道”とは

「北が別の道行かないよう…」ビーガン氏が言及したその“道”とは

2019年03月15日16時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国務省のスティーブン・ビーガン北朝鮮政策特別代表は14日(現地時間)、「北朝鮮が別の道に行かないように国連安全保障理事会が協力してほしい」と明らかにした。この日、中国やロシアなど15カ国の国連安保理理事国代表を対象に行われた2回目の米朝首脳会談結果を説明する席上でだ。ビーガン代表は約1時間行われた会合で、先月27~28日にベトナム・ハノイで開かれたドナルド・トランプ米国大統領と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長の首脳会談結果を共有したという。

  この日の会合に参加した関係者は「(ビーガン代表が)現在の対話モメンタムを維持しながら、北朝鮮が挑発や別の道に行かないように関与してプロセスが再開するよう助けてほしいという趣旨の発言をした」と説明した。ビーガン代表が言及した「(北朝鮮の)別の道」については具体的にどのような内容なのかはまだ確認されていない。ただ、ビーガン代表が「(北朝鮮との)外交は広く開いている」「北朝鮮が挑発や別の道」という表現を使った点を考慮すると、「別の道」は現在の対話基調とは異なる、すなわち北朝鮮の軍事的行動や核・ミサイル開発の強行を通した核保有国地位の確保を推進するということを意味するものとみられる。

  北朝鮮が最近、平安北道東倉里(ピョンアンブクド・トンチャンリ))のミサイル発射施設の復旧作業を行い、平壌市(ピョンヤンシ)近隣の山陰洞(サンウムドン)ミサイル研究所の慌ただしい動きがこれまで中断していたミサイル発射の再開につながりかねないという懸念が提起されているのも、このようなビーガン代表の発言を裏付けている。現在、北朝鮮と米国は双方ともに対話を通した完全な非核化という目標地点を連日強調している。だが、方法論や各論では依然としてきっ抗した平行線を維持している。米国は圧迫を通した北朝鮮の「屈服」を、北朝鮮は段階的非核化という従来の立場を貫徹するためにあらゆるカードをちらつかせている。ビーガン代表が国際社会に協力を要請したことも国際社会の制裁で北朝鮮が困難に陥っている状況で、中国やロシアなどが北朝鮮の「裏口」を開けば、北朝鮮がこれを信じて交渉の道から抜け出す可能性が高いという判断が作用した可能性がある。

  一部では金委員長が1月1日の新年の挨拶で言及した「新たな道」に言及したが、ビーガン代表の「別の道」がこれを念頭に置いたものかもしれないとの分析もある。金委員長は当時「米国が一方的に強要しようとして共和国(北朝鮮)に対する制裁と圧迫に出るなら、やむを得ず新たな道を模索しないわけにはいかなくなるかもしれない」と主張した。米国と非核化協議は行っているが、一方的な強要が続く場合、核保有国地位の確保など「私の行くべき道」を行くほかはないので「とめてほしい」という趣旨だった。北朝鮮の立場では2回目の首脳会談で段階的非核化主張したが、米国が一括妥結を要求して合意に至らなかったという事実を「一方的な強要」と解釈するなら、新たな道に行く可能性が高まったのだ。会談当時、金委員長が「私たちには時間がないが…」と述べたことも北朝鮮が二者択一の分かれ道に立っていることを示している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事